機内持ち込み用スーツケースのおすすめは?軽量?使いやすさ?

ライフ

宿泊をともなう国内出張や短期の海外出張では、機内持ち込み可能なサイズのスーツケースに荷物をまとめて行く人も多いです。特に旅慣れた人ほど荷物はコンパクトで、フットワークも軽いですね。機内持ち込み用のスーツケースについて紹介します。

スポンサーリンク

注目!!
▼▼ビジネスマンならば知っておきたいこと・ノウハウについてはこちら▼▼
ビジネスマンに必須の知識・ノウハウのまとめ

機内持ち込み用スーツケースはおすすめ?

飛行機に乗って出張に出かけると、空港のチェックインカウンターで荷物を預けるかどうか決めなければなりません。ある程度以上の宿泊日数になると、荷物が多くなり、スーツケースも大きくなるので、ほとんどの場合は機内に持ち込めません。空港で荷物を預けることに問題は無いのですが、到着先のバゲージクレームで荷物が出てくるのを待たなければなりません。機内持ち込みできる荷物だけならば、荷物が出てくるまで待つ必要が無く、素早く行動ができます。

旅慣れている人は、荷物もコンパクトにまとめていることが多く、上手く機内持ち込み可能なスーツケースで済ませてしまう人が多いです。荷物がコンパクトであれば、荷物を持って移動する時も楽です。できるだけ機内持ち込み用スーツケースにまとめてみると出張が楽になるでしょう。

JALとANAの機内持込可能な手荷物は、座席数100席以上の機材の場合は、サイズ:合計115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)、合計重量10kg以内で1つです。座席数100席未満になると、サイズが小さくなり、合計100cm以内(45cm×35cm×20cm以内)です。一般的な機内持ち込み可能なスーツケースは、座席数100席以上の機材の規定を満たすものです。座席数100席未満の機材に登場する場合は、チェックイン時に預けることになるでしょう。その場合は、到着空港で荷物が出てくるのを待たなければなりませんが、そもそも登場人数が少ないので、比較的早く荷物が出てくるでしょう。

機内持ち込み用スーツケースのおすすめは?軽量?

機内持ち込み用スーツケースを選ぶ時に、何を重視して選べばよいでしょうか?これは人それぞれ好みということがありますので、正解が必ずしもあるわけではありません。1つの考え方として、軽量であることを重視するのも良いでしょう。

前述のように機内持ち込み手荷物の合計重量は10kgです。わざわざ「合計」という言葉をつけているのは、スーツケースだけでなく、その中の荷物までを含めた重量であるということです。そのため、10kgからスーツケースの重量を差し引いた重さの荷物しか入れられません。

機内持ち込みできる有名ブランドのスーツケースでも、重量が4.4kgもあるものもあります。そうすると10kg-4.4kg=5.6kgの荷物しか入れられません。ノートパソコンとACアダプターが2kg程度であると、のこりは3kg強となりますので、その他、着替え、書籍、シェーバーなども入れるとちょっと厳しくなってきますね。

そこでおすすめなのが軽量のスーツケース。例えば以下のエース プロテカ エアロフレックスライト スーツケース 37L
01821ならば重量は1.7kgです。

これだけ軽ければ、中に入れる荷物にも余裕ができますし、持ち運びも簡単です。特に軽量のスーツケースにありがちなのはハンドル部分の支柱が1本で不安定になってしまう問題ですが、このモデルでは2本でしっかりしています。

TSAロックもついていますので、米国旅行でも便利です。キャスターの音が静かな点も嬉しいです。

スポンサーリンク

機内持ち込み用スーツケースのおすすめは?使いやすさ?

機内持ち込み用のスーツケースを選ぶ時に、中身の荷物の取り出しやすさを重視するのも良いでしょう。スーツケースで困るのは、中の荷物を取り出す時に、大きく観音開きにしないと取り出せないタイプのものがあるというということです。私も実際にやむを得ず空港の床で大きく広げて中身を出したこともあります。また国内のビジネスホテルでは、部屋が狭いために、スーツケースを大きく広げるスペースが無いこともあります。そんな時に大きく官能開きをしなくても中身が取り出せる設計のスーツケースは便利です。

例えば、ロジェール CUBO-S Sサイズは、重量は3.1kgで標準的な重さですが、フルフロントドア式のデザインになっており、立てた状態でも中身が取り出せます。観音開きにしなくても中身が取り出せるので、狭いホテルの部屋でもこのスーツケース1個分のスペースがスペースがあれば大丈夫です。

TSAロックもついていますので、米国旅行でも便利です。素材はポリカーボネートです。驚くのはメーカーの10年保証が付いているということ。品質・耐久性に自信がなければできない保証でしょう。

まとめ

機内持ち込み可能なスーツケースについて紹介しました。軽量タイプ、荷物の出し入れがしやすいタイプなど色々ありますので、好みに合わせて選びましょう。

▼▼ビジネスマンならば知っておきたいこと・ノウハウについてはこちら▼▼
ビジネスマンに必須の知識・ノウハウのまとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました