靴の臭い対策は必要?職場での迷惑防止!夏場は蒸れる!

ライフ

社会人はスーツに革靴で通勤している方が多いですね。日本の夏は猛暑で、普通に歩いているだけでも汗をたくさんかきます。顔や首筋などの汗は拭きとりますが、靴の中の汗までは拭きとりませんし、革靴は簡単には洗えませんので臭いが心配になります。どうすれば良いでしょうか?

スポンサーリンク

注目!!
▼▼ビジネスマンならば知っておきたいこと・ノウハウについてはこちら▼▼
ビジネスマンに必須の知識・ノウハウのまとめ

靴の臭い対策は必要?職場での迷惑防止!

通勤時に汗をかいて、職場に着いてからもそのまま革靴を履き続けている人もいると思いますが、靴の中は多量の汗で蒸れてしまいます。席についている時などに靴を脱ぐことができれば、少し靴の中の蒸れも緩和されるかもしれませんが、靴の臭いが周囲の人に気付かれないかと心配になります。職場で「靴が臭い人」などという評判が広まると困りますね。

靴が臭うということは、靴の中に汗や皮脂が蓄積し、雑菌が繁殖しているということです。臭いが強くなってしまった革靴は、全体を入念に洗うことも難しいので、完全に消臭することは困難です。臭いが強くならないように、早めに対策をすることが必要です。

靴の中に雑菌が繁殖しないように対策することは、靴の中を衛生的に保つということですので、水虫予防などの観点からの足の健康にも良いでしょう。

靴の臭い対策には乾燥!

靴の中を衛生的に保つには、乾燥させることが基本です。水虫などが温度と湿度の高くなる時期から患者が増えるように、温度と湿度と菌の繁殖には密接な関係があります。靴の場合は、中が蒸れますので、それをしっかり乾燥させることにより菌の繁殖を抑制できます。

まず毎日同じ靴を履き続けるのではなく、少なくとも2足、できれば3足の靴を用意して、ローテーションで履くようにすると、靴を休ませて乾燥させる日を作ることができます。靴そのものの寿命という点でも、1足を毎日履くよりも、ローテーションで履いた方が良いでしょう。

温度と湿度が低い時期ならばこれだけでも効果的なのですが、日本の夏は高温多湿で、地域・状況によっては十分に靴の中を乾燥させられないでしょう。そんな場合におすすめなのが靴乾燥機です。私は、以下のバナーのアイリスオーヤマの靴乾燥機を使っています。

靴の中に温風を吹き込みますので、その効果は絶大です。靴の中がしっかり乾燥します!

使用中は、靴の臭いがしますので、喚起ができるスペースで乾燥させると良いでしょう。私は風呂場で使用し、換気扇を使っています。

また靴乾燥機には種類がありますが、この機種のようにオゾン脱臭機能が付いているのがおすすめです。

スポンサーリンク

靴の臭い対策には靴下も!

靴そのものは前述の靴乾燥機でしっかり乾燥してあげれば大丈夫です。しかし、靴に入れる足、特に靴下の臭いが強ければ、その臭いが靴にも移る可能性が高いです。

足を毎日お風呂でしっかり洗うことは基本として、靴下ももちろん一度履いたら洗濯しましょう。それでも猛暑の夏には靴下の臭いが気になるでしょう。一番のおすすめは消臭靴下です。

消臭靴下にもいくつかのタイプがありますが、以下のバナーの製品は、繊維に足の臭いの物質を分解する機能を持たせたものです。海上自衛隊などで採用実績のあるすぐれものです。

靴下から消臭すれば、靴の中の臭いも抑えられるでしょう。

まとめ

社会人の靴の臭いの防止方法について紹介しました。しっかり臭いを抑えて、快適な生活を送りましょう!

▼▼ビジネスマンならば知っておきたいこと・ノウハウについてはこちら▼▼
ビジネスマンに必須の知識・ノウハウのまとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました