クールビズで冷房を28度にする根拠は?温度と湿度を調節!

ライフ

日本の夏は猛暑です。毎年多くの人が熱中症で搬送されます。節電も大切ですが、冷房があるのに適切に使用せず、熱中症になるような事態も避けたいものです。クールビズの普及により、オフィスなどの温度を28度にするという方針が示されていましたが、どのような根拠に基づくものでしょうか?以下に紹介します。

スポンサーリンク

注目!!
▼▼ビジネスマンならば知っておきたいこと・ノウハウについてはこちら▼▼
ビジネスマンに必須の知識・ノウハウのまとめ

クールビズで冷房を28度にする根拠は?

環境省のクールビズの公式サイトによれば、以下のように書かれています。

「平成17年の「クールビズ」開始の際には、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令」及び労働安全衛生法の「事務所衛生基準規則」で定められた室温設定の範囲(17℃以上28℃以下)に基づいて、“冷房時の室温28℃”を呼び掛けてまいりました。」

労働安全衛生法の「事務所衛生基準規則」などに以下のように定められているためです。

「第5条第3項(空気調和設備等の調整)
事業者は、空気調和設備を設けている場合は、室の気温が17度以上28度以下及び相対湿度が40%以上70%以下になるように努めなければならない。」

しかし、冷房で28度というのは状況によっては案外暑いと感じることが多いです。そのため「冷房を28度にする根拠は?」ということに疑問を感じる人が少なからずいました。

そのためマスコミの取材に対して、クールビズ導入当時に担当課長として関わっていた盛山正仁法務副大臣が2017年5月11日に「この温度設定に科学的根拠がない」ことを明らかにしました。

現在は、環境省のクールビズ公式サイトに以下のように記載されています。

「では「クールビズ」における「室温28℃」とは、どういうことかご存知でしょうか。
まず、「28℃」という数値はあくまで目安です。必ず「28℃」でなければいけないということではなく、冷房時の外気温や湿度、「西日が入る」などの立地や空調施設の種類などの建物の状況、室内にいる方の体調等を考慮しながら、無理のない範囲で冷やし過ぎない室温管理の取組をお願いする上で、目安としているものです。
例えば、冷房の設定温度を28℃にしても、室内が必ずしも28℃になるとは限りません。そういう場合は、設定温度を下げることも考えられます。
「クールビズ」で呼び掛けている「室温28℃」は冷房の設定温度のことではありません。」

クールビズで冷房を28度にすれば良い?

新しい制度が導入された初期段階では、人間のやることですのでいろいろな混乱が生じやすいです。今でもよく覚えているのは、東日本大震災の発生した年の夏のことです。電力がひっ迫していたので、職場でも節電要請があり、「冷房を28度に設定する」ように通達がありました。

私のような理系の人間からすると、冷房の設定温度を定めるのは合理的ではないと感じ、要請があった時から反発していました。なぜなら私が居たオフィスの建物は安普請で断熱性能が低く、冷房を28度に設定しても室温が28度よりも高くなってしまったからです。このように部屋の断熱性能と冷房能力がバラバラなのに、冷房の設定温度で一律の規定するのはおかしいということを職場でも訴えました。

実際、前述の労働安全衛生法においても、部屋の温度について定めているわけですので、「冷房の設定温度を28度」で規定するということは、どこかの段階でのコミュニケーションミスと考えられます。

科学的な合理性の無い、極めておかしな話ですが、実はクールビズ導入からこれまでの間に同じようなことは日本の各地で起こっていた可能性があります。「科学的なものの考え方」ということは大切ですね。

スポンサーリンク

クールビズで冷房を何度にすれば良い?

前述の環境省のクールビズ公式サイトに記載があるように、冷房を何度に設定すれば良いのかは一概には言えません。環境省の進めるクールビズの趣旨から、不必要に冷房でエネルギーを消費して地球環境への負荷を増やさないようにするということがもっとも重要なことです。

実際、私も国際会議会場などに行くと、冷房が効き過ぎていて夏なのに身体の芯まで冷え切ってしまうことがあります。特に海外に行くとそのようなことが多く、夏でも防寒用のアンダーウェアなどを持っていきます。このような状況を変えるために、簡単に言えば、「夏は軽装で、冷房を弱めにしよう」ということが骨子です。

省エネルギーという点では、「除湿」を活用することがポイントです。「除湿・再加熱」モードではない通常の「除湿」モードであれば、冷房よりもエアコンの消費電力が低いのが普通です。室温が同じ28度でも、湿度が低くなれば非常に快適になります。

部屋に温度・湿度計を置いて、温度と湿度を計測してみましょう。一般に「除湿」モードでは、除湿することによって温度も下がります。そのため部屋の温度が下がり過ぎないように除湿した空気を温めるのが「除湿・再加熱」モードです。これを使ってしまうと通常の冷房よりも消費電力が高くなってしまいます。

まずは「除湿」モードを使って、湿度を下げながら室温も下げてしまいましょう。そうすると比較的高い温度でも過ごしやすい温度・湿度が見つかるでしょう。その後は、快適な温度・湿度になるように冷房を設定しましょう。

まとめ

クールビズの冷房を28度にする根拠について紹介しました。熱中症にならないように快適な温度・湿度になるように冷房を使用しましょう。

▼▼ビジネスマンならば知っておきたいこと・ノウハウについてはこちら▼▼
ビジネスマンに必須の知識・ノウハウのまとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました