幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

Pythonでできることは?初心者でも大丈夫?自動化?AI?

投稿日:

スキルアップのためにプログラミングを学びたいとお考えの方。どのプログラミング言語について学べば良いのか迷いませんか?いきなり学習を始める前に、プログラミング言語の特徴を調べ、自分の目的にふさわしいかどうかを確認した方が良いでしょう。今注目のPythonについて紹介します。

スポンサーリンク

Pythonでできることは?初心者でも大丈夫?

プログラミング言語は複数の種類があります。

1990年代からパソコンを利用している方は、MicrosoftのVisual BasicやC++などを使ったことがあるかもしれません。最近は、その当時にはなかったプログラミング言語がありますので、久しぶりにプログラミングしていようとすると、どれを使えば良いのか悩むこともあるでしょう。いずれにしても何らかのプログラミング言語を使用した経験があるのであれば、他のプログラミング言語を学ぶときにもその経験は生きてきますのご安心を。

これまでプログラミングをしたことが無く、これから学ぶ方も心配は要りません。どんなに優秀なプログラマーでも、最初は初心者だったということは紛れもない事実です。順序を踏んで学んでいけば、必ずある程度のレベルに到達できます。プログラミングという分野は、少なくとも今後数十年は無くならないでしょうから、安心してじっくり学びましょう!

複数の種類があるプログラミング言語の中で、Pythonは名前が印象的ではないでしょか?大きな書店の、プログラミング関係の書籍が置いてあるコーナーに行くと、私は真っ先に目に入ってきました。書籍の種類が多いことからも、注目度が高いこともわかります。昔、自分が使っていたプログラミング言語がMicrosoftのVisual BasicやC++でしたので、名前もカッコいい感じがしました。

そのPythonでは何ができるのでしょうか?

もともとC++を使っていた自分としては、「プログラミング言語とは、記述する内容によって何にでも使える」というイメージがありましたので、どちらかというと「プログラミング言語を好みで選ぶのか?」と勘違いしていた部分もあります。

現実は、それぞれの利用分野によって、どのプログラミング言語を使用するのかおおよそ決まっています。Pythonの場合は、主に以下の2つです(*これらに限定されるという意味ではありません)。

1.データの自動処理・スクレイピング
2.機械学習を使った人工知能の開発

さらに詳しくそれぞれについて見てみましょう。

Pythonでできること:自動化

業務などにおいて、ある特定のファイル操作やデータ処理などを繰り返すことがあります。例えば、あるデータをExcelに貼り付けて、何らかの演算処理を行い、その結果の一部を抽出して他のExcelファイルに貼り付けるなどといったことです。数回程度であれば良いのですが、何度も繰り返すとなると自動化を考えたくなります。

実は、MicrosoftのExcelではマクロの記録機能がありますので、これを使うとあまりプログラミングのことが分からなくてもある程度の自動化はできます。マクロの記録はVisual Basic for Applicationsで行われますので、このプログラミング言語について学習すればさらに高度なことまで可能です。

つまり、ここまでならばPythonでなくてもできます。Pythonの威力は、Webサイトからデータを取得してくくるような高度な自動化です。インターネットという膨大な情報の宝庫から必要な情報を自動で集めてこれれば、業務にものすごく役立ちます。

これは数値データだけではありません。テキストデータおよび画像データも対象とできます。これはスクレイピングという技術で、人間とは比較にならないようなスピードで必要な情報を抽出してくれます。

このようなアプリを作る作業はプログラミングですが、このようなアプリを使うと助かる人は多く、例えばシンクタンクやマーケティングの業務をしている方々などは必要な情報収集の効率で仕事の成果に差が出ることも少なくありません。そのためプロのプログラマーでなくても、それらの業務をする方々が自分のためにプログラミングすることもあります。例えば以下の書籍は、そのような方々向けのものです。

スポンサーリンク

Pythonでできること:AI

今最も注目されている分野と言えば人工知能(AI)です。現在は世界中で優秀なIT人材の奪い合いが起こっていますが、その中でもAIの詳しい優秀な人材については破格の給与が提示される場合が少なくありません。せっかくプログラミングを学ぶのであれば、AIの開発に役立つプログラミングを言語を学習すると良いのではないでしょうか?

AIの開発では、機械学習や深層学習(ディープラーニング)というプロセスがあり、膨大なデータをAIに読み込ませて学習させることが必要です。これを行うためにPythonが使われています。AIそのもののことは別途学習する必要がありますが、興味があればまずPythonについて学び始めた方が良いでしょう。

スタートとしては、以下のような書籍がおすすめです。

まとめ

プログラミング言語として注目されているPythonについて紹介しました。プログラミングを学習するコツとして、「就職のため」「業務のため」というようなプレッシャーのかかる状況になってから学習を始めるというよりも、興味をもった時から気軽に始めた方がストレスなく学習できるでしょう。まずは始めてみましょう!

スポンサーリンク

-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノートパソコンを持ち運びするならおすすめは?耐久性とスペック

仕事やプライベートでノートパソコンを持ち歩く方にとっては、本当に大切な道具です。外出先でノートパソコンを使用する時に、期待したパフォーマンスを発揮してくれないと困りますし、故障などがあると大変なことに …

大学の研究費は産学連携でどれぐらいなのか?特許収入は?

国立大学の運営費交付金の削減が続き、理工系の大学の研究基盤が脆弱になっていることを多くのノーベル賞受賞者などが訴えています。大学で研究を継続するためには、外部から研究費を獲得しなければなりません。産学 …

iPhone 11 Proにトリプルカメラ搭載!スマホのカメラはなぜ増える?

スポンサーリンク iPhone 11 Proが発表になりました。従来機種と比べていくつか進歩した点がありますが、もっとも注目されているのがトリプルカメラです。「スマホに搭載されるカメラがなぜ増えるの …

水族館で使えるARアプリ!種類がわかる!魚を識別できる!

「あれ!何という魚だろう?」水族館の水槽で見たきれいな魚の種類がすぐにわかれば楽しさも倍増ですね。もちろんほとんどの水族館では、水槽に魚の説明がイラスト入りで書かれていますので、それらを注意深く確認す …

ディスプレイの色域とは?Rec.2020・AdobeRGB・DCI-P3とは?

ディスプレイの画質が向上し、リアルで色鮮やかな映像が楽しめるようになりました。ディスプレイが表示できる色の領域(色数の範囲)を表す用語として、「色域」という言葉が使用されています。また色域の規格として …