幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

ライフ

身体を鍛えるメリットと方法・食事は?社会人必見!

投稿日:

特にアスリートレベルで何らかの競技をしているような人でなくても、身体を鍛えることによって得られるメリットがあります。無理なくできる身体を鍛える方法と食事とともに、以下で紹介します。快適な人生を送るためのノウハウと言えるでしょう。

スポンサーリンク

身体を鍛えるメリットは?

昔から長寿・健康の秘訣は、「休養・栄養・適度な運動」と言われます。もう少し調査結果に基づいた事例としては、厚生労働省が発表した「2007年のわが国における危険因子に関連する非感染性疾患と外因による死亡数(男女計)」で、「喫煙」「高血圧」に続いて3番目に「運動不足」が挙げられています。この他にも運動不足が健康を害する要因と推測する調査は多数あります。

しかし、一般に直接的な死因とは異なり、生活習慣によって徐々に健康を蝕むような要因は、因果関係を立証し難く、さらに複数の要因が関わるとどれがもっとも大きな影響を与えたのかを正確に示すことは困難になります。そのためここではその因果関係についての議論をするのではなく、実際に運動をして身体を鍛えた場合の体験・フィーリングなどに注目してみましょう。

若い頃に運動をしていて、それなりに体力に自信があっても、年齢を重ねるとともに運動不足になり、筋力と持久力・心肺能力が落ちてくる人が多いです。私の場合、職場で車通勤&デスクワーク中心でしたので、すっかり体力が衰え、駅の階段を上っても息が上がってしまうほどでした。こうなると何をやるにも消極的で、時間があっても自宅でゴロゴロすることが多くなりがちです。

ここから分かることは以下のようなことです。

1.運動をして身体を鍛える習慣がないと加齢とともに体力が低下する。
2.体力がある程度以下になると、日常生活の様々な場面で疲労しやすくなる。
3.肉体的な疲労により、メンタルにも悪影響が出やすい。

つまり、起点となっている「1の体力の低下」を運動をして身体を鍛えることによって「体力の増強・維持」に変えられれば、それ以外の2と3は反対方向に変えられる可能性が高いわけです。実体験としても、身体を鍛えて身体に張りが感じられる状態では、疲労も少なくなりますし、メンタルにもポジティブになることが多いです。これはストレスの多い社会人にとっても実践すると良い効果でしょう。

身体を鍛える方法は?

身体を鍛えるということは、筋力アップと持久力・心肺能力アップの2つを意識して考えると良いでしょう。

社会人が運動不足になりやすい原因の1つは、運動をする時間を確保し難いからです。まずは通勤時間を利用して身体を鍛えてしまいましょう。やることは簡単です。通勤経路で基本的にはエスカレーターとエレベーターを使わず、階段等を歩きましょう。通勤経路・駅構内の状況などにも依りますが、これだけでかなり足腰は鍛えられます。日常的に電車に乗ってどこかへ行く場合などに必要な体力は、これでおおよそ手に入るでしょう。

さらに階段を使える場合は、1段抜かしで上るようにすれば、足の筋肉への負荷が上がりますので、筋力アップになります。平らな場所を歩くときは、ピッチを早くするようにすれば、さらに鍛えられるでしょう。

これだけでは下半身中心に鍛えていることになりますので、筋トレで上半身を中心に鍛えると良いでしょう。最初は腕立て伏せだけでも良いですが、自重を使った方法であれば、何の器具も無くても鍛えられます。自重を使ったトレーニングのバリエーションは、インターネットなどで検索するといろいろなサイトが見つかります。身体のどの部分の筋肉に効くのかを確認して、身体全体を鍛えられれば良いでしょう。

またダンベルや鉄アレイがあるだけで、上半身の筋肉は鍛えやすくなりますので、長い人生を快適に過ごすためのツールと考えて購入しても損はないでしょう。

ここまでのレベルまで来たら、次は好きなスポーツをする、あるいはスポーツジムでトレーニングするというように発展させると、ワンランク上の身体が手に入ります。そうすると鏡で見ても身体が鍛えられてくるのがわかりますし、自信にもつながるでしょう。


スポンサーリンク

身体を鍛える時の食事は?

身体を鍛える時に忘れてはいけないのは良い食事を摂ることです。人間の身体は新陳代謝などにより約3ヶ月で入れ替わります。その間に食べた食品によって身体が作り替えられますので、どのようなものを食べたのかは非常に重要です。

また筋トレなどの運動をした場合、一旦筋肉が分解し、その後に再生される際に筋肉が太くなり、筋力アップにつながります。この時にたんぱく質を中心とした栄養素が必要ですので、これらを適切に摂取しなければなりません。バランス良く必要な栄養を摂取しなければ、筋肉が分解されるのみで、運動するほど筋力が低下し、故障の原因になります。

バランス良く、必要な栄養素を摂取することが大切ですが、何の栄養素がどれぐらい必要なのか、それはどのような食事のメニューにすれば良いのかがよくわからない場合は、とりあえず市販のプロテイン(*例えば以下のバナー)を補助食品として利用すれば、プロテイン以外の種々の栄養素も配合されていますので、安心でしょう。少しずつ、どのような食品にどのような栄養素が含まれているのか、学んでいきましょう。

まとめ

身体を鍛えるメリットと方法・食事などについて簡単に紹介しました。まずは実際に身体を動かしてみましょう!きっと身体の変化を実感できるはずです。

スポンサーリンク

-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家族の外食費を節約する方法は?人気の高いお店も安い?

家族で出かけて、レストランなどで食事をするのは楽しいですね。大人になってから子供の頃の楽しかった思い出を振り返っても、家族で食べた外食の時のことがいくつかあるのではないでしょうか?それだけ大切な人生の …

AEDの救命率は?本当に効果はあるのでしょうか?

先日、帰宅するため、職場の最寄り駅から電車に乗ろうとしていたら、隣のホームの電車が緊急停止のブザーを鳴らして停車していました。駅員や乗客の数人が「AED!」と叫んでいたことから、電車の車内で誰かが倒れ …

クレジットカードは結婚したら名義変更しないといけないの?

現在は多くの人がクレジットカードを利用しています。インターネットショッピングやキャッシュレス決済の普及とともに、クレジットカードは必須と言っても良いでしょう。クレジットカードは各人の名義で発行されます …

熱中症対策にファン付き作業着を使う!他の方法も併用すべし!

日本の夏は猛暑で厳しいです。室内に居ても熱中症になる人がいるくらいですので、屋外で作業をする人ならばしっかりした熱中症対策をしなければ「危険」なレベルです。夏はいろいろな事情で屋外に長時間いる人がいま …

社長とCEOの違いは?取締役と執行役員の違いは?

最近は会社の職位を表す呼称として、従来からの社長だけではなくCEOなどと言ったものも使われています。また役員の呼称としても取締役だけでなく執行役員というものもあります。何だかよくわかりませんね。以下に …