フリーランスのITエンジニアで仕事が獲れなくてお困りですか?

ライフ

2019年1~6月の期間の上場企業の早期退職者数が約8,200人となり、2018年の1年間の4,126人を大きく上回りました。人それぞれ事情は異なると思いますが、これまで勤めていた会社を辞め、新たな道に進もうとしている人々がいます。別の企業へ転職する人もいれば、フリーランスとして働く人もいるでしょう。ITエンジニアとしてフリーランスに挑もうとしている方々に役に立ちそうな情報を紹介します。

注目!
▼▼プログラミングの役立つ情報はこちら▼▼
プログラミングについての役立つ情報をまとめました!

フリーランスのITエンジニアで仕事が取れなくてお困りですか?

これまで仕事をしてきた職種や、それを通じて得たスキルによってフリーランスとしての活動ができるか否かの難易度が違うでしょう。いろいろな仕事がある中で、ITエンジニアは比較的フリーランスで仕事を獲れる可能性が高いでしょう。ビジネスは需要と供給の関係で成立しますので、製品のプログラミングや設計のスキルがあればそれを必要としている企業と契約を交わせる可能性が高いです。

現在は日本ではITエンジニアが圧倒的に不足していることはよく知られていることで、今後もさらにその不足人数は拡大していくことはほぼ確実です。したがって、ITエンジニアへのニーズは当面は無くならないでしょう。

もう1つ、フリーランスとして取り組みやすい点は、コンピューターとネットワークがあれば、仕事ができることが多いという点です。これは大規模な設備が必要な製造業(メーカー)に比べるとかなり有利で、設備投資や場所という点でも初期投資が少なくて済みます。例えば「大型タンカーを製造する」などという事業をフリーランスで始めようという人はいないことを思えば、理解しやすいでしょう。

そんなフリーランスのITエンジニアでも、始めたばかりの段階では仕事を獲ることでかなり苦労する人が多いでしょう。そんな時はどのようにして仕事を穫れば良いのでしょうか?さらに詳しく見ていきましょう。

フリーランスのITエンジニアの仕事の獲り方

フリーランスになる前にITエンジニアとして仕事をしていた経験がある場合は、その時の人脈を活用してフリーランスとして独立時の最初の仕事を獲れるようにすることがもっとも多いパターンでしょう。逆な言い方をすれば、退職してフリーランスになっても自分に仕事をくれそうな相手がいることを確認できてから、フリーランスになる方が望ましいです。

その際にもともとの勤務先との関係が悪化しないように配慮することも大切です。自分が顧客を奪うような形で独立した時に、もともとの勤務先に著しい損害が生じるようなことになってしまうと、状況によっては訴えられることもあるでしょう。業務上の情報などの守秘義務などに抵触しないように注意しながら、もともとの勤務先と少なくとも険悪な関係にならないようにできればスムーズに行くでしょう。もし、スキルに自信があるようであれば、もともとの勤務先と何らかの契約を交わして協力しながら進めるという形もあるかもしれません。

通常は、もともとの勤務先にいた時の人脈は活かすとしても、もともとの勤務先と関係なく活動することが多いでしょう。当初はいずれかの顧客から仕事をもらうことができていても、それが将来的にも続くとは限りません。常に新しい顧客を獲得する努力をする必要があるでしょう。もっとも一般的な方法は、ホームページを作って広報を行い、新規案件を獲得する努力をすることです。とりあえず「信用」という意味でもホームページがあると良いですが、数あるライバル企業・個人の中から自分を選んでもらえるか否かのハードルはかなり高いでしょう。

やはり、人脈や口コミの活用、ITエンジニアを求めている人が集まりそうなところなどでの営業が必要でしょう。

しかし、最近はもっと便利な方法があります。次項で紹介します。

フリーランスのITエンジニアの効率の良い仕事の獲り方

フリーランスで事業規模が小さい場合は、それほど大きな仕事を獲らなくてもやっていけますので、人脈や口コミがもっとも有効な方法です。しかし、上手く仕事が獲れないこともあるでしょう。そんな時に便利なのがエージェントを使う方法です。最近はフリーランスをサポートして、仕事の案件を紹介してくれるエージェントがあるんです。こんなところからも、ITエンジニアが絶対的に不足している状況が垣間見れますね。

例えば以下のバナーの「TechClipsフリーランス」などがITエンジニア専門のフリーランスエージェントです。



フリーランスをしていてもっとも不安なのが仕事が無くなってしまうことです。一人で何もかもこなすのには時間的にも体力的にも限度があります。利用できる外部のリソースはできるだけ利用し、重要なことに自分の力を集中することが大切です。

もし、このエージェントを通じて「就職しても良い」と思えるような企業と出会うことができたら、就職の斡旋もして貰える場合があります。現在、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)のみが対象地域という制限がありますが、これらの地域で活動されている方はまずは相談してみても損はないでしょう。

まとめ

フリーランスのITエンジニアのための仕事の獲り方について簡単に紹介しました。フリーランスは自由である反面孤独です。協力できるエージェントとはつながりを持っておくと良いでしょう。

▼▼プログラミングの役立つ情報はこちら▼▼
プログラミングについての役立つ情報をまとめました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました