幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

ライフ

ANAの最新鋭エアバスA380フライング・ホヌのディスプレイとシートは?

投稿日:

ハワイ旅行といえば、長年JALが力を入れて開拓してきた歴史があり、いろいろな面でJALにアドバンテージがあります。そんなJALの牙城であるハワイに、ANAが攻め込もうとしています。その強力な武器として最新鋭の機材であるエアバスA380を導入しました。以下に紹介します。

スポンサーリンク

ANAがエアバスA380フライング・ホヌを成田〜ホノルル間に導入!

ANAがエアバスA380フライング・ホヌを成田〜ホノルル間に導入し、2019年5月24日に就航しました。これは「ちょっとした事件」と言っても良いような出来事です。まず冒頭で述べましたように、圧倒的にJALが強いハワイ路線にANAが正面から勝負を挑んだという点です。

リゾートへの旅行は、出張と異なり、圧倒的にパッケージツアーで行く人の方が多いでしょう。そうすると飛行機のチケットだけでなく、ホテルの手配、現地での無料バスや割引チケットなど、いろいろなものがパッケージに含まれています。ハワイのホノルルならば、ワイキキビーチが一望できるオーシャンビューのホテルの部屋が一等地で、その数も限られています。そのようなベストなポジションを長年のコネクションでJALが多くを押さえています。またパッケージツアー参加者が無料で乗れるトロリーバスなどもJALは整えています。そのようなことを細かく上げるといろいろありますが、つまり新たに参入するANAとしては、比較するとかなり不利な状況なわけです。

もう一つはエアバスA380を国内の航空会社で初めて導入したことです。ANAもJALも国際線の機材はほとんどがボーイングの機材でした。それをエアバスの機材を選んだということもかなり衝撃で、かなり厳しく機材選びをしたようです。さらに選んだ機材がA380ということも衝撃です。最大800席以上にも設定できる超大型機で、世界の多くの航空会社が搭乗率と燃費の向上のために中型機を選ぶ潮流がある中で、このような超大型機を選ぶことからして異例です。実際、エアバス社は、A380の販売が不振で、エミレーツ社が発注数を減らしたことが引き金となってA380の生産中止を発表しています。

ANAのエアバスA380フライング・ホヌは、全520席仕様です。ANAは、週3便の成田〜ホノルル路線を、高い搭乗率で飛ばそうと気合を入れていることでしょう。ハワイ旅行の1つの魅力は、往復の飛行機内で如何に快適に過ごせるかにもかかっています。その強力な武器がこのエアバスA380フライング・ホヌです。

ANAのエアバスA380フライング・ホヌのディスプレイは?

私は、年に2回程度米国出張しています。主に目的地は西海岸で、ANAとJALを両方とも利用しています。最近の20年程度を振り返ってみても、機材が更新されて最新鋭機になったり、(おそらく)装備品がリニューアルされたりすることがあり、その度に快適になってきました。特にディスプレイについては、ずいぶん良くなりました。これはテレビ、パソコン、車載のディスプレイが最近の20年程度で著しく良くなったことと同様です。

シャープの液晶テレビアクオスが発売されたのが2001年で、当時はアナログ放送の解像度(720X480相当)でした。それが地上波デジタルのフルハイビジョンとなり、さらに4K/8K放送まで始まり、それに対応するテレビも発売されてきました。そのディスプレイ技術が、パソコンやモニター、スマホなどにも投入されていますので、極めて高画質なディスプレイが利用できるようになっています。

話をANAのエアバスA380フライング・ホヌに戻します。この機材では、ビジネスクラスには18インチのタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーン、プレミアムエコノミークラスには15.6インチタッチパネル式パーソナルモニター、エコノミークラスには13.3インチタッチパネル式パーソナルモニターが搭載されています。最近は、自分のiPadなどに映画をダウンロードして機内に持ち込んで観る人も増えていますが、これだけシートに装備されているディスプレイが良くなると、これで観る方が快適かもしれません。ちなみにファーストクラスには、32インチの大型液晶ワイドスクリーンです。1人で近い距離から観るわけですから、これならば通常のテレビと同等でしょう。

飛行機のディスプレイもどんどん良くなりますね。


スポンサーリンク

ANAのエアバスA380フライング・ホヌのシートは?

ANAのエアバスA380フライング・ホヌのシートも、最新鋭の機材らしく魅力的です。

エアバスA380フライング・ホヌは客室が2階建てになっていて、エコノミークラスが1階、ファーストクラス、ビジネスクラス、プラミアムエコノミークラスが2階になっています。

ファーストクラスは、ドア付きの個室型シートで、もはや細かく説明するまでもなく素晴らしく、また私には利用する機会もなさそうなので省略します。

ビジネスクラスは、どの席からでも直接通路に出ることができる「全席通路型スタイル」で、飛行中にトイレなどに行くのも気軽に行けます。シートはフルフラットになるので、横になって足を伸ばして休めます。座席は1-2-1配列で、中央の列は2列になっており、ペアで話がしやすいようなレイアウトになっています。これらの席には、席と席の間に可動式のパーティションを設置できるようになっていて、プライバシーにも配慮されています。電源やUSBポートもあり、便利です。

プレミアムエコノミークラスは、約97センチのシートピッチで、エコノミークラスよりも11センチ広く、ゆとりがあります。テーブルは約90度回転するタイプで、通路に出やすいです。レッグレストが使えますので、寝る時は便利です。電源とUSBポートが使えます。

エコノミークラスは3-4-3配列です。シートピッチは約86センチで、ANAのボーイング787や777と同様です。さすがにプレミアムエコノミー以上のクラスと比べると狭いですが、エコノミークラスとしてはスタンダードな広さでしょう。電源とUSBポートは装備されています。最大の特徴は、日本の航空会社で初となるカウチシート「ANA COUCHii」があることです。シートピッチは約81センチと狭いのですが、3席分もしくは4席分を家族やカップルで購入すれば、レッグレストを上げて、ベッドのように利用することができます。専用の寝具も用意されています。

まとめ

ANAのエアバスA380フライング・ホヌのディスプレイとシートについて紹介しました。最新鋭の機材は、これまでの機材よりも優れた装備が導入されますのでワクワクしますね。ハワイに行く時に乗ってみたくなります。

スポンサーリンク

-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「自宅でできるライザップ 食事編」とジョコビッチの食事法に学ぶ身体作り

「最近お腹が出てきたなあ・・・」「もう若い頃のような引き締まった身体には戻らないなあ・・・」と思っている方。正しい方法さえ実践すれば、案外簡単に体脂肪率を落とすことができます。その秘密は食事にあります …

社長とCEOの違いは?取締役と執行役員の違いは?

最近は会社の職位を表す呼称として、従来からの社長だけではなくCEOなどと言ったものも使われています。また役員の呼称としても取締役だけでなく執行役員というものもあります。何だかよくわかりませんね。以下に …

プログラミング初心者が知っておいた方が良い3つのこと!

2020年に小学校でプログラミング教育が必修化されます。これからの時代を生きていく人ならば知っておくべき基礎知識と考えられているからでしょう。人工知能(AI)によって多くの職業が無くなると言われていま …

海外出張の服装は男性の場合どうするべき?ビジネスカジュアル?

海外出張に行く人は多数いらっしゃいます。経験豊富な方でも、初めて海外出張に行った時は勝手が分からないこともあったでしょう。多くの方が戸惑うことは、海外出張のビジネスシーンでの服装です。どんなポイントに …

開運財布を色で選ぶならば緑?黒?ゴールド?ピンク?

開運財布の選び方はいろいろあります。金運や開運などを願い、それらのいわれのある財布を選ぶのがもっとも一般的でしょう。伝統的な開運財布を選ぶとしても、やっぱり自分の好みの色の財布が欲しくなりますね。最近 …