プラスチックごみのリサイクルの現状!生分解性プラスチックならOK?

プラスチック

プラスチックごみの海洋流出による汚染が深刻になり、さらに日本から中国等に輸出していた廃プラスチックの受け入れをそれらの国々が規制し始めたことから、国際的にプラスチックごみの問題が注目されています。プラスチックごみのリサイクル・処理について紹介します。

スポンサーリンク

注目!!
▼生分解性プラスチックとプラスチックごみについてはこちら▼
生分解性プラスチックとごみ問題についてのまとめ

プラスチックごみのリサイクルの現状!生分解性プラスチックならOK?

プラスチックのリサイクルは、大別するとマテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル、サーマルリサイクルがあります。

マテリアルリサイクルは、主に回収したプラスチックごみを洗浄・粉砕し、再度、成形してプラスチック製品にするリサイクル方法です。プラスチックから再度プラスチック製品を作る方法としては、投入するエネルギーが少ないため、もっとも現実的な方法です。しかし、同種のプラスチックだけを完全に選別することは難しく、異種のプラスチックが混入することがあり、またプラスチックの分子量が低下するなども起こるため、プラスチック製品としての品質は低下します。

ケミカルリサイクルは、主に回収したプラスチックを分解し、原料のモノマー等にまで戻し、精製して再度ポリマーを合成します。そのため新品のプラスチックとほぼ同等のものが得られますが、大量のエネルギーを投入するため、そのエネルギーをどのように作り出すかによってはかえって資源を消費してしまう可能性もあります。

サーマルリサイクルは、回収したプラスチックを焼却炉で燃焼させ、その排熱を利用するリサイクル方法です。焼却熱により発電を行う方法がもっとも優れていると言えるでしょう。

このように資源・エネルギーの活用という視点で考えた場合、リサイクルして再度プラスチック製品にするためには品質が低下する、あるいはより多くの資源・エネルギーを消費するということが現実です。

しかし、プラスチックのリサイクルを考える時にもう一つの重要な視点は、プラスチックごみを適正に処理するということです。人間の活動により発生するプラスチックごみは膨大で、適正な処理を行わなければ地球はプラスチックごみで一杯になってしまいます。

そのため最近は生分解性プラスチックというものが注目されていますが、材料としての性能とコストの問題から、直ちにすべてのプラスチック製品を生分解プラスチックで作ることはできません。また生分解性プラスチックと言っても種類があり、ある温度以上の土壌中でないと分解しないものなどというように、分解する条件がいくつかあり、すべてが海洋中で分解するわけではありません。海洋中で分解するという認証を受けているものでも、北極や南極近くの水温が低い地域の海ではほとんど分解しないでしょう。

つまり、生分解性プラスチックを使えば、すべてのプラスチックごみ問題が解決するわけではありません。

プラスチックごみを分別しても混ぜて燃やされることがある

日本の多くの自治体でプラスチックごみを分別回収しています。しかし、分別したプラスチックと可燃ごみを再度混ぜ合わせて焼却している自治体も少なくありません。分別に要する労力と時間を考えると腹立たしい感じもしますが、一方でプラスチックをリサイクルしなくて良いのか疑問に感じることもあります。

汚染されているプラスチックごみを洗浄して再度原料としてしようするには、多量の水や労力・エネルギーを要しますし、得られるものの品質は低下し、その用途も限られ、需要も少なければマテリアルリサイクルする量にも限界があるでしょう。

そのように考えると、資源を有効に使うこと、ゴミを適正に処理することからも、焼却して発電するサーマルリサイクルがもっとも現実的でしょう。使用済みPETボトルのように、比較的回収率が高く、他のプラスチックが混入し難いリサイクルシステムとなっているものについては、マテリアルリサイクルおよびケミカルリサイクルしやすいでしょう。このように異物が混入し難く、同じ素材のプラスチックのみを分別しやすい場合を除いては、基本的にはサーマルリサイクルが合理的と考えられます。

スポンサーリンク

プラスチックごみを燃やしてはいけないのか?

これまでに「プラスチックごみを燃やしてはいけない」という主張がいくつかあります。主なものは「ダイオキシンが発生する」「温室効果ガス(二酸化炭素)が排出される」「資源が無駄になる」といったものです。以下、それぞれについて見てみましょう。

1.ダイオキシンが発生する

これまでプラスチックごみ焼却時にダイオキシンが発生することが明らかになり、人間への影響が懸念されました。その後の研究により、燃焼温度が低いとダイオキシンが発生することが明らかになりました。そのため高温で焼却できる焼却炉が作られ、さらに急速に冷却後、集塵機を通すことでダイオキシンの放出を規制値以下に抑えることができるようになっています。したがって、このようなダイオキシンの発生を抑えることができる焼却炉でプラスチックごみを焼却すれば問題ないと言えるでしょう。

2.温室効果ガス(二酸化炭素)が排出される

プラスチックごみを燃焼させれば二酸化炭素が排出されることは間違いありません。しかし、何らかの方法でプラスチックごみを処理しないと、短期間でプラスチックごみを収容しきれなくなってしまいますので、処理が必要です。現在の日本の発電方法を見ると、大半が火力発電で、燃料である原油、天然ガス、石炭のほとんどを輸入に頼っています。したがって、廃プラスチックを処理しながら発電ができ、輸入している燃料を節約できれば合理的でしょう。輸入している燃料を燃やせば二酸化炭素は排出されるので、その点では変わりません。将来、日本の電力の大半が太陽光発電や風力発電などのクリーンエネルギーで賄われるような時代になったら、そのエネルギーを使ってケミカルリサイクルをすれば良いのではないでしょうか?

3.資源が無駄になる

廃プラスチックという物体があるわけなので、それを消費してしまうと無駄であるという考え方です。確かに何もないところから物質を作ることはできませんので、目の前にある廃プラスチックも資源です。しかし、ほとんどのプラスチックは原油から作られており、廃プラスチックをリサイクルするためにも多くの資源・エネルギーを必要とします。限りある水資源を考えれば洗浄に使う水も大切ですし、電力のほとんども原油・天然ガス・石炭などの化石燃料から作られていますので、エネルギーを使うだけでもこれらの資源を使っていることになります。さらに分別回収することにもエネルギーを使います。これらに要する資源と利作るによって得られるものを考えると、新たなにプラスチック製品を作った方が資源の節約になることもあります。

以上を考慮すると、より優れたプラスチックごみのリサイクル方法の研究開発を続ける必要性はありますが、現状ではプラスチックごみを環境中に放出しないように回収し、適正に燃焼して発電に利用する方法が現実的でしょう。

まとめ

プラスチックごみのリサイクルと適正な処理について紹介しました。科学技術の観点から合理的な議論が進められることを祈ります。

▼生分解性プラスチックとプラスチックごみについてはこちら▼
生分解性プラスチックとごみ問題についてのまとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました