幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

村田製作所と日立造船が全固体電池を量産へ!Ilika Technologiesも!

投稿日:2019年6月26日 更新日:

現在の液体電解質を用いたリチウムイオンバッテリーの性能を大きく上回ると期待されている次世代2次電池が全固体電池です。NEDOの2018~2022年度のプロジェクトでは、体積エネルギー密度が3倍、急速充電時間が3分の1を目標としています。2020年代前半に実用化する可能性が高いと言われていますが、すでに量産を発表するメーカーが現れましたので紹介します。

スポンサーリンク

村田製作所が全固体電池を量産へ

株式会社村田製作所は、2019年6月26日に全固体電池を開発したと発表しました。株式会社村田製作所 野洲事業所(滋賀県野洲市大篠原2288番地) にて、2020年度中に約100,000個/月の量産を予定しています。

サイズは縦5mm~10mm×横5mm~10mm×高さ2mm~6mmで、容量は2mAh~25mAh(25℃)、定格電圧は3.8V、電解質に酸化物セラミックスを使用しています。ウェアラブル機器やIoT機器などでの使用を想定しているとのことです。

現在の液体電解質を用いたリチウムイオンバッテリー(LIB)に比べると容量は小さいものの、これまでに公表されている全固体電池に比べれば大幅に容量を増やしています。体積エネルギー密度が高いため小型で、さらに「燃えない」「熱に強い」特性から安全性が高く、ワイヤレスイヤホンなどへの搭載が期待されています。

日立造船が全固体電池を量産へ

日立造船株式会社は、展示会「国際二次電池展」(2019年2月27日~3月1日、東京ビッグサイト)に、固体電解質として硫化物系材料を用いた全固体Liイオン2次電池「AS-LiB」を出展しました。2019年度中に量産を始める予定で、(展示会の時点で)サンプル出荷中とのことでした。

サイズは52mm×65.5mm×2.7mm、重さが25g。容量は140mAh(25℃)で、出力電圧は平均3.65V。動作温度範囲は放電時で-40~120℃と広いです。

全固体電池ですので有機溶剤などの液体を使用せず、液漏れの心配はありません。また発熱などによる可燃性ガスの発生もありません。釘を刺す試験を行ったところ、LIBならば発火に至る条件下でも、この全固体電池は発火・発煙・破裂は起こりませんでした。充放電時の副反応も少なく、LIBに比べて長寿命です。

日立造船としては、人工衛星などの宇宙用途、産業機器、医療機器での使用を想定しています。

スポンサーリンク

Ilika Technologiesが全固体電池を開発

英国のIlika Technologiesは全固体電池技術のベンチャー企業で、体内に埋め込む医療機器に向けに全固体電池を開発しました。ワイヤレス給電で体外から充電でき、最大10年間の寿命と想定されています。

医療機器開発の米国Endotronixが、健常者の肺動脈の血圧などを体内でモニタリングする予防医療機器の開発にすでに利用しています。この他にもアルツハイマー患者の治療用の神経刺激装置、スマート歯列矯正装置、スマートコンタクトレンズなどの開発に利用されています。

Ilika Technologiesは、この全固体電池を量産せずに、電池メーカーにライセンスするとのことです。

まとめ

全固体電池が村田製作所や日立造船から量産される予定です。次世代の2次電池である全固体電池が、いよいよ製品化が本格化しそうです。

全固体電池が量産化され、電気自動車(EV)に搭載されるようになれば、EVの弱点が大きく改善されて普及する可能性があります。詳しくはこちらの記事「全固体電池が実用化すればEVが普及するかもしれない」をご覧ください。

スポンサーリンク

-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NTTの電力事業が拓く未来は?2025年度に売上6000億円!

NTTが独自電力網を整備して電力事業を成長させていくことを表明しました。NTTは言うまでもなく国内の通信業界に君臨するガリバー企業です。最近は携帯電話事業の成長性が鈍ってきたことが注目されやすいですが …

GMOとくとくBBのドコモ光は違います!通信速度で選ぶならGMOとくとくBB

もう光コラボに申し込みましたか? もし「光コラボ」の意味が分からなければ、この記事を読んでラッキーだったかもしれません。なぜならすでに多くの人が「光コラボ」に申し込んで得をしているので。 スポンサー …

体温で発電するスマートウォッチ!カラー液晶を搭載!

スマートウォッチと言えば、もっとも売れているのがApple Watchです。高画質の有機ELディスプレイを搭載し、新製品が登場するたびに魅力が増しています。しかし、ユーザーがもっとも不満に感じることが …

日本企業の研究開発費は海外企業に見劣りする?伸びてるの?

日本の主要な電機メーカーの業績悪化により、日本の産業界の雰囲気は重いものを感じます。特に液晶ディスプレイ、ノートパソコン、スマホなど、日本企業が敗退した分野の印象が強く、将来、日本企業が産業分野での隆 …

自動ブレーキ義務化で交通事故死亡者数は減るのか?

自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)システムの義務化に、日本や欧州を含む40ヶ国・地域が合意しました。2020年から自動ブレーキの義務化が実施される予定です。「本当に自動ブレーキを義務化すれば交通事故 …