幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

テクノロジー

レアアースを中国が輸出規制すると何に影響が出る?

投稿日:2019年6月2日 更新日:

米国と中国の争いに端を発し、中国がレアアースの輸出規制をする可能性が高まっています。そもそもレアアースとは何でしょうか?レアアースが輸出規制されるとどのような影響が懸念されるのでしょうか?代替技術は無いのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサーリンク

レアアースとは?用途は?

レアアースとは、以下の17種類の希土類元素のことです。

Sc(スカンジウム)、Y(イットリウム)、La(ランタン)、Ce(セリウム)、Pr(プラセオジム)、Nd(ネオジム)、Pm(プロメチウム)、Sm(サマリウム)、Eu(ユウロビウム)、Gd(ガドリニウム)、Tb(テルビウム)、Dy(ジスプロシウム)、Ho(ホルミウム)、Er(エルビウム)、Tm(ツリウム)、Yb(イッテルビウム)、Lu(ルテチウム)

これらのすべてが工業的に重要なわけではなく、現時点ではいくつかのレアアースが特定の用途で極めて優れた特性を発揮するために重要な材料となっています。具体的には以下のようなものです。

Y(イットリウム):白色LEDの蛍光体、レーザー、コンデンサ、超伝導材料、光学ガラス
Nd(ネオジム):磁石・磁性体材料、レーザー、コンデンサ、超電導材料
Sm(サマリウム):磁石・磁性体材料
Eu(ユウロビウム):LED用蛍光体
Er(ユウロビウム):レーザー、通信用光ファイバー増幅器
Dy(ジスプロシウム):磁石・磁性体材料、プリンターの印字ヘッド
Ce(セリウム):研磨剤
Tb(テルビウム):プリンターの印字ヘッド

*この他にもありますが、割愛します。

レアアースを中国が輸出規制すると何に影響が出る?

レアアースは、地球の一部の地域に偏在していますが、それでも中国の埋蔵量は3割程度とされています。それにもかかわらずなぜ中国が産出量の97%を占めているのかと言えば、レアアースを採掘し、精製して製品として出荷するまでのコストが圧倒的に安いためです。かつては米国や他の地域でもレアアースの産出量がもっと多かったのですが、低コストでレアアースを産出中国企業に太刀打ちできず、撤退していきました。

レアアースを採掘すると、通常はその中に放射性物質のトリウムが含まれ、その取り扱いや後処理にコストがかかります。中国は人件費が安いということもありますが、それだけではなく放射性物質や危険物の取り扱いが厳密ではないため、低コスト化できます。

2010年9月に発生した尖閣諸島中国漁船衝突事件後に、中国政府がレアアースの日本への通関を意図的に遅滞させる事で、レアアースの事実上の対日禁輸措置を行いました。このように中国政府は、レアアースを政治的な意図で輸出規制した実績があります。そのため、当時から、日本ではレアアースを中国に頼るリスクを認識し、使用量の削減・代替技術の研究開発に取り組み、中国以外からのレアアースの調達も進めています。また日本では、レアアースを含むレアメタルの備蓄を行っており、日本の基準消費量の42日分を国家備蓄、18日分を民間備蓄が担い、合計60日分備蓄し、短期的な供給ストップに備えています。

そのため、中国からのレアアースの輸入がストップした途端、すぐにそれらを使用した製品の生産がストップするわけではありません。しかし、長期化した場合は、影響が出てくる可能性があります。それは日本だけでなく、中国国内への影響も大きく、「両刃の剣」的な側面もあります。次項でさらに詳しく考えてみます。

スポンサーリンク

レアアースを中国が長期に輸出規制するとどうなる

前述のように日本では、2010年9月以降に中国のレアアースリスクに備えて、レアアース使用量の削減・代替技術の研究開発、中国以外からのレアアースの調達に注力しました。その結果、2012年上期でレアアースの中国依存度が50%以下になりました。使用済みの製品からレアアースを回収し、リサイクルする技術も研究開発され、「都市鉱山」という言葉も聞かれるようになりました。

このような日本側の対応により、中国でどのようなことが起こったのかに注目すると、今後の展開を予想するヒントになる可能性があるでしょう。日本で多くの最先端の製品を製造し、それらにレアアースを使用していたわけですが、中国依存度を短期間で50%以下に下げたことで、中国のレアアースの輸出量と価格が急落しました。それにより中国のレアアース企業の業績にダメージを与えたでしょう。

中国がレアアースを戦略的に輸出制限していくのであれば、前述のような対応にますます注力することとなります。南鳥島付近にレアアースが大量に存在することも確認されており、それらの採掘も視野に入れ、全力でレアアースの中国依存度を下げる努力を進めていくでしょう。

中国としても、レアアースは外貨を稼ぐ重要な製品ですので、現在の輸出先が中国依存度を下げていくことは損失も大きいはずで、どこかで方針を転換せざるを得なくなる可能性が高いでしょう。

これらの動向は、中東が原油を戦略的に輸出することと似ています。原油価格の動向は非常に複雑ですが、中東にとっては原油が高く売れた方が嬉しいわけですが、原油価格が高騰すると代替技術への開発投資が進み、脱石油への動きが進みます。反対に原油価格が下がると、代替技術の経済的な合理性が無くなってしまうため、撤退する動きが出てきます。

資源を持つ国が、輸出を制限すればすべてを支配できるほど単純ではないようです。いずれにしても国際社会の現実を観ると、リスクを想定して研究開発・サプライ・チェインの構築の努力をしなければいけないことがよくわかります。

まとめ

中国がレアアースの輸出を制限する動きを示していることが報道されています。今後の動向を理解するための基本的なことを紹介しました。

米国のファーウェイへの対応が大きく報道されました。なぜこれほど強硬な対応をするのでしょうか?こちらの記事「ファーウェイ問題は米国はなぜここまで強硬になるのか?」で紹介しています。

参考:「経済産業省の「希少金属代替材料開発プロジェクト」について」:http://www.jst.go.jp/keytech/event/20090127/pdf/keizaisangyosho.pdf

参考:独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 「レアメタル備蓄とは」:http://www.jogmec.go.jp/stockpiling/stockpiling_10_000001.html

参考:ウィキペディア「希土類元素」:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%8C%E5%9C%9F%E9%A1%9E%E5%85%83%E7%B4%A0

スポンサーリンク

-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

UQ WiMAXで「データ通信量が超過しました」と表示されたら

@nifty WiMAXに契約してモバイルルーターを利用しています。今日、モバイルルーターのディスプレイを見たら、「データ通信量が超過しました」と表示されていました。少々焦ったのですが、こんなときはど …

透明ディスプレイの原理は?液晶と有機ELの構造は?

最近、「透明ディスプレイ」の発表・展示などがいくつかありました。新しいタイプのディスプレイですが、実際のところ「透明ディスプレイ」とは何なのでしょうか?その原理や構造はどのようなものなのでしょうか?こ …

生分解性プラスチックのメーカーと製品は?ポリ乳酸?PHBH?

海洋へのプラスチックごみの流出やマイクロプラスチックが世界的な問題となり、その解決策の一つとして生分解性プラスチックへの代替が期待されています。生分解性プラスチックを製造するメーカーとその製品について …

自動ブレーキ義務化で交通事故死亡者数は減るのか?

自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)システムの義務化に、日本や欧州を含む40ヶ国・地域が合意しました。2020年から自動ブレーキの義務化が実施される予定です。「本当に自動ブレーキを義務化すれば交通事故 …

車載用のディスプレイは液晶強し!有機ELはまだ?

ディスプレイの分野ではスマホ用やテレビ用のディスプレイが販売台数が多く、多くの人の目に触れますので注目されやすいです。最近の新しい車に乗ったり、購入したことがある方は、インパネを中心とした車載用ディス …