仕事でストレスが溜まる時にやるべきこと!大変な事態を回避!

健康

仕事でストレスを感じない人などほとんどいないでしょう。何らかのストレスを感じながら働いているのが普通です。しかし、ストレスがどんどん溜まり、上手くそれに対処できない状況になる前に、ストレスレベルを下げることが必要です。軽く考えない方が良いでしょう。以下に紹介します。

スポンサーリンク

注目!!
▼▼サラリーマンのお金・処世術についてはこちら▼▼
サラリーマンとお金・処世術のまとめ!リストラに負けるな!

仕事でストレスが溜まるとどうなる

世の中には、いわゆる「ブラック企業」と呼ばれる企業もありますので、通常の人ならば許容できないような過酷な職場も残念ながらあるようです。そのような職場では命にかかわるようなこともありますので、何らかの方法でそこから逃げることを考えた方が良さそうです。以下は、そのような極端な状況は対象から外し、あくまでも通常の範囲内での状況について考えることとします。

仕事で難しい局面になったり、成否がかかる重要な場面になるとストレスが溜まるものです。人間関係やプライベートな問題など、いろいろなことが原因となってストレスが溜まります。ストレスレベルがある程度以上になると、以下のような症状が現れることがあります。

・寝つきが悪くなり、夜中に目が覚める
・疲れが取れなくなる
・頭痛・腰痛など身体のいろいろな場所が痛む
・イライラしやすくなり、精神的に集中できなくなる
・胃痛、下痢、腹痛などになる。
・肌が荒れる

これらの心身の異常が現れたら、ストレスレベルが高くなっていますので、さらに症状が深刻にならないように対処が必要です。具体的な方法については、次項以降で説明します。

仕事でストレスが溜まる時は睡眠と栄養!

ストレスが溜まると心身が常に緊張状態になり、リラックスできないことが多くの不調の原因となります。これを解消するには何よりも睡眠が重要です。忙しくても睡眠時間を確保することが、ストレスに負けないようにするために必要です。

前述のように寝つきが悪かったり、夜中に目が覚めてしまうようでは、睡眠不足に陥りがちです。まず就寝時に難しいことを考えないようにしましょう。また腹立たしいこと、悩みごとなども、忘れましょう。眠りに入る直前にそのようなことを考えても、睡眠を妨げるだけで、何一つ良いことがないということを悟りましょう。特に人間関係で悩んだりしている時に、そのようなことになりやすいです。

また経済的な不安や健康上の不安などについて考えることも睡眠の妨げになりやすいです。これらも同様に、睡眠に入る直前で考えたからといって良いことはありません。

布団の中で横になり、目をリラックスさせ、目の周辺、顎、顔全体、首、肩などというように、順番に身体の力を抜いていくことに意識を向けましょう。ゆっくり深く呼吸し、脱力していくと眠りに入りやすくなるでしょう。

またストレスに対処するためには、栄養補給も重要です。タンパク質、ビタミンなどの栄養のバランスも考えて、しっかり食事から栄養を摂取しましょう。栄養のバランスをとることが難しいようでしたら、いろいろな栄養素がバランス良く配合されているプロテインなどのサプリメントを利用するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

仕事でストレスが溜まる時はタスクを減らす

ストレスを溜めやすい人は、真面目で責任感の強い人が多いと言われています。そのような人は、もっとも重要な仕事以外にも、いろいろなタスクを抱えているでしょう。さらにプライベートでも自発的に勉強していたり、いろいろな努力をしていることもあります。

仕事が大変で、それによるストレスが非常に高くなっている場合は、勇気を持って、今やらなくてもやらなくても良いことを一旦、保留して、止めることも効果があります。何をやるにしてもストレスが溜まるようになっているならば、タスクを減らし、負担を下げましょう。

仕事でストレスが溜まる時は難しいことは先送りする

非常にストレスが溜まる局面は、短期間である可能性もあります。山場を超えたり、ある程度仕事等に慣れてくれば、ストレスレベルが下がってくることもあります。もっともストレスレベルが高い時は、かなりの心身のエネルギーを消費していますので、他のことに対処する余力がないこともあります。

特に難しいことをするには、集中しなければなりませんが、仕事等で重要な局面になってしまうと、それ以外の難しいことに対処するのも難しいでしょう。先送りしても良いものであれば、一旦、先送りして、余力ができてから取り組むようにしましょう。優先順位を決められれば、精神的にも楽になります。

まとめ

人生とはある意味ストレスとの戦いです。ストレスへの対処方法を習得しなければ、大変なことになる可能性もあります。ストレスマネージメントに取り組みましょう。

▼▼サラリーマンのお金・処世術についてはこちら▼▼
サラリーマンとお金・処世術のまとめ!リストラに負けるな!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました