幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

健康

熱中症対策で便利な飲み物・食べ物・グッズと体調管理・体力増強!

投稿日:

日本の夏は厳しく、毎年多くの人が熱中症で搬送されます。知っておいた方が良いのは、もっとも最高気温が高くなる7〜8月だけではなく、暖かくなり始めるゴールデンウィークから初夏の頃にも熱中症になる人が多いということ。気温が30℃未満だからといって油断せず、熱中症の対策をするようにしましょう。

スポンサーリンク

熱中症対策の基本

熱中症は、気候条件としては、気温が高い、湿度が高い、風が弱いなどの条件が重なると、発症することが多くなります。これらは「環境」的な要因ですが、必ずしもこれらの条件だけで熱中症になる人の数が決まるわけではありません。それは人間の体調やどのような行動をしているのかにもよるためです。

もう少し分かりやすく言うと、例えば寝不足や二日酔いなどで体調が悪い場合は熱中症になりやすいですし、体調が良く、体力があっても、炎天下の屋外で長時間スポーツ等をしたことにより熱中症になることもあります。少なくとも「環境」的な要因だけでなく、体調や行動によっても熱中症になるリスクが変わってくるということです。

これは逆に言えば、気温と湿度が高く、風が弱い日でも、熱中症対策をすることで熱中症になることを防げる可能性があるということを示しています。具体的な熱中症対策については、以下で紹介しています。

熱中症対策で便利な飲み物・食べ物

熱中症になるリスクが高くなるのは、大量の汗をかいて、体内の水分が不足し、次第に体温の上昇を抑えられなくなっていきます。こまめに水分補給することがもっとも大切です。また汗と一緒に塩分も体外に出てしまいますので、水分だけでなく塩分も補給することが必要です。便利なのは以下のような飲み物・食べ物です。

1.スポーツドリンク

スポーツドリンクは、飲みやすく、塩分も含んでいるので、多くの人におすすめできます。頻繁に飲むようでしたら、コンビニや自動販売機で購入するよりも、まとめ買いして、毎日飲む分だけ冷蔵庫に入れておくと節約できます。

2.ミネラルウォーター

スポーツドリンクの味があまり好きではないという方は、ミネラルウォーターと下記の飴などと組み合わせても良いでしょう。

3.飴

熱中症が注目されているためか、最近は塩分を補給できるおいしい飴が販売されています。きっと好みに合うものもあるでしょう。


スポンサーリンク

熱中症対策で便利なグッズ

熱中症を予防するためには、天候に適した服装を着用するようにしましょう。暑いと感じるのかどうかについては個人差が大きく、自分の感覚に合わせて服を選ぶことになるでしょう。屋外の場合は、直射日光が当たる場所を日陰ではかなり体感温度が違います。状況によっては、日光を遮って肌を守るという意味から、長袖のシャツの方が良い場合もあるでしょう。日差しが強いと、白い服と色の濃い服ではかなり日光の吸収に差があり、その熱の違いを体感できるほどです。白系の光を反射しやすい服の方が熱中症対策としては良いでしょう。

このことから分かるのは、髪の毛がある部分は、太陽の光を吸収して熱くなりやすいということ。防止を被ることでかなり暑さを軽減できます。同様に首筋なども日光を遮るようにすれば効果は大きいでしょう。

このような観点から、通常の服や帽子を活用すれば良いですが、最近は便利な熱中症対策グッズがありますのでいくつか紹介します。

1.首を遮光し、冷やす機能のある帽子

首筋を直射日光からガードするだけではなく、水を利用して冷却することもできるすぐれものの帽子です。

2.ネッククーラー

もはや定番とも言えるネッククラー。使用している人をよく見かけますね。

3.携帯扇風機

いろいろな携帯扇風機がありますが、せっかく購入するならば、充電して長時間使用でき、手持ちも据え置き&首振りも可能で、静音性に優れ、風量の調節が可能なものが良いでしょう。

グッズを上手く使って、熱中症を予防できれば、価値が高いですね。

熱中症対策で必要な体調管理・体力増強

前述のように、もっとも最高気温が高くなる7〜8月だけではなく、暖かくなり始めるゴールデンウィークから初夏の頃にも熱中症になる人が多い理由は、身体がまだ暑さに慣れていないためです。またいわゆる5月病などが発生しやすい季節では、4月からの新しい環境でストレスや疲れが蓄積している社会人・学生が多く、体調が良くない人もいるようです。

まずしっかり睡眠を取り、栄養のバランスと量を考えた食事をしましょう。そして、適度な運動をすることも重要です。この3つは、健康長寿の秘訣であり、必ずしも熱中症予防だけでなく、万病を未然に防ぐことにも役立ちます。

筋肉は水分を蓄えることができるのですが、運動する習慣のない人は、加齢とともに筋肉量が減少してしまうことが多く、熱中症になりやすくなります。意識して身体を動かし、ある程度以上の筋肉量を維持できるようにしましょう。また少なくとも週に1回は、運動して汗をかくような機会を設ければ、身体の体温を調節する能力も使うことになるので、望ましいでしょう。

まとめ

熱中症対策について紹介しました。便利な飲み物・食べ物・グッズを使いこなすようにしましょう。また健康長寿のためにも、体調管理・体力増強に努めましょう。

スポンサーリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界一伸びるストレッチ!効果あり!身体が硬い人のためのストレッチ

長年、「自分は身体が硬い」と思っています。それは歳をとるほど進行し、まるで岩石みたいと感じていました。 これまでもヨガのビデオを買って、一時期は毎朝ヨガをしていました。ヨガをすることで、以前は毎日のよ …

医療費の膨張で現役世代の負担も増加!生活習慣病の予防が重要

スポンサーリンク 日本の人口減少、少子高齢化問題はかなり前から指摘されていましたが、いよいよその影響が身近に迫ってきたように感じます。特に国家財政を大きく圧迫しているのが増え続ける医療費と介護費です …

生活習慣の改善は効果が大きい!身体を壊す前にやりましょう!

スポンサーリンク 健康の大切さは病気になった時に痛感します。月並みな話のように思われるかもしてませんが、歳をとるほど「身体が資本」と思い知らされることが多くなり、月並み故に誰も否定できない真実なので …

仕事でストレスが溜まる時にやるべきこと!大変な事態を回避!

仕事でストレスを感じない人などほとんどいないでしょう。何らかのストレスを感じながら働いているのが普通です。しかし、ストレスがどんどん溜まり、上手くそれに対処できない状況になる前に、ストレスレベルを下げ …

健康寿命の伸ばし方は?病気を悪化させないための基本は?

スポンサーリンク 内閣府の調査によると、長年(1978~2012年)、日本の自殺原因のトップは「健康問題」で、2位が「経済・生活問題」です。もちろんこれらは主原因であり、これらが複合された場合はより …