幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

ライフ

危険な道路にガードレールを設置して尊い命を守るべき!

投稿日:

2019年5月8日午前10時15分ごろ、滋賀県大津市の交差点で直進する車に右折の車が衝突し、直進してきた車が進路を逸れ、進行方向左斜め前の歩道に突っ込み、そこにいた園児13名がはねられて重軽傷を負わせ、うち2名が死亡するという傷ましい事故が発生しました。尊い命を救うことはできなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

危険な道路にガードレールを設置して尊い命を守るべき!

見晴らしの良い交差点で、右折車と直進車の衝突事故は、事故事例としては珍しくありません。交通ルールから考えれば右折車が停止して、直進者を優先させなければいけませんので、おそらく過失割合は右折車の方が重いのではないかと思いますが、直進車が歩道に突っ込んで多くの子供をはねてしまったで、最終的にどのようなことになるのかは現時点ではわかりません。

もっとも痛恨であるのが、当然ですがわずか2歳の子供の尊い命が奪われ、さらに多くの2~3歳の子供が重軽傷を負ったということです。女性保育士は、子供が横断歩道・車道に飛び出さないように、盾のようになって子供を守っていましたが、その背後に横方向から車が突っ込んできたのでなすすべがありません。

そもそもこのような交通事故が起こらなければ良いのですが、前述のように珍しい事故事例ではなく、ある程度の確率で発生しています。例えば次のような悲惨な事故もありました。

2009年6月1日午後9時40分ごろ、横浜市都筑区の交差点でも類似の事故が発生しています。この時は免許取りたての学生が運転する車が信号無視して直進し、右折車に衝突後、スピンして進行方向左斜め前の歩道に突っ込み、信号待ちをしていた近くの病院に勤務する女性看護師3名を次々にはねました。女性看護師は、残念ながら全員死亡しました。

本来、自動車が侵入してこないはずの歩道に、車が突っ込んできたら逃れようがありません。このような事故の発生を完全に防げないのであれば、少なくとも被害を軽減する努力をするべきでしょう。その具体的は方法としてもっとも一般的なものがガードレールを設置する方法です。いずれの事例も、車が侵入してくる経路にガードレールがあれば、被害者の命を救えた可能性が高いです。

危険な道路にガードレールを設置するには?

危険な道路にガードレールを設置するには、どうすればよいでしょうか?特に小学生の通学路になっているようなルートについては、親や家族が危険性をチェックしましょう。明らかに道路の危険性が高い場合は、その道路が国道なのか、県道なのか、市道なのかなどを調べ、その道路を管理している行政の窓口に相談するのが良いでしょう。

あらかじめ認識しておいた方が良いのは、「ガードレールを設置してほしい」と要望したからと言ってすぐに対応してくれるとは限らず、そもそも対応してもらえないということもあることです。

その理由の一つは、予算が無いからです。予算が有り余っているならば、すべての道路にガードレールをつけていった方が良いわけですが、圧倒的に予算が無いためにそのようなことはできません。また行政の判断としては、ある程度の「公平性」を考慮します。つまり、多くの場所でガードレールを設置してほしいという要望があり、その一部しか応えられない場合に、どのような理由でどこを優先するのかが重要となるわけです。

そのような観点では「危険性」は非常に大きな要素となります。2005年10月、横浜市都筑区のサレジオ学院前の市道で、同校男子生徒の列に乗用車が突っ込み、2人が死亡、7人が重軽傷を負った事故が発生しました。これも大変傷ましい事故で、事故が発生する前にガードレールが設置されていれば、被害がもっと軽減できていた可能性があります。さすがに事故後にガードレールが設置されました。これほどの大事故が起こったことで、誰もどの危険性を否定できなくなったからです。つまり、ガードレールを設置してほしい場所の車や歩行者の様子をビデオ撮影するなどして、危険性をアピールできれば設置してもらえる可能性が高くなるでしょう。

さらにできるだけ多くの人の署名・要望などを集めることも効果があります。公平性という観点では、「多くの人が設置すべきと考えている」ことが重要だからです。

同様の観点で、議員から働きかけてもらうことも有効なようです(*保障はできませんが・・・)。なぜならば議員は選挙で多数の票を獲得して選ばれた人々ですので、「民意を代表している」と受け止められるからです。

普段、生活している場所の危険を少し手でも低くする努力をしましょう。


スポンサーリンク

危険な道路にガードレールを設置できないこともある

道路にガードレールを設置できない理由は、予算だけではありません。古くからある街では、道路が狭く、物理的にガードレールが設置できないところも少なくありません。特に住宅街の生活道路などでは、歩道と車道が分離されていないところも多いです。道路の道幅がある程度以上あれば安全度が高いのですが、狭い道を拡幅工事で広げようとすると、周辺の家屋をセットバックさせて広げなければならず、非常に大変です。

もし、これから住む場所を選べるようであれば、最初から区画整理して作られた新しい街を選ぶのも良い方法でしょう。ガードレールがすでに整備されていることも多いですし、これから要望を出すにしても、道幅がすでに十分ある場合が多いでしょう。

何十年もそこで暮らすことを考えると、案外重要なことなのかもしれません。

まとめ

交通事故による被害を軽減するためのガードレールの設置について紹介しました。身の回りにある危険に注意を払いましょう。

スポンサーリンク

-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高齢者の貧困問題は深刻化する?対策は?自立して生きる

医学、公衆衛生、食生活の改善など、多くの分野の人々の努力によって幸いなことに日本人の平均寿命が延びています。厚生労働省によると、2014年における日本の平均寿命は、男性が80.50歳、女性が86.83 …

楽天ポイントを貯める方法は?使えるお店が増えている!

ポイントカードと言えば、TSUTAYAのTポイントカードやNTTドコモのdポイントカードなどがありますが、もう1つメジャーなものとして楽天ポイントカードがあります。現在、楽天ポイントが貯められたり使え …

用水路事故での死者数が多い!事故統計を取って公表すべし!

毎日のように交通事故や殺人事件で亡くなった人が報道されています。人が命を落とすということは大変なことですので、事故・事件として報道されるのは理解できます。しかし、用水路事故で亡くなる人が多いということ …

海の色はなぜ青いのか?色の違いは?理由を説明!

海の色はなぜ青いのでしょうか?普段当たり前のように見ている自然の風景ですが、その理由を考えると説明が難しいですね。さらに浅い海の色の違いなど、場所によって色も変わります。以下に分かりやすく解説します! …

JAFと保険のロードサービスの違いは?入会するメリットは?

車を運転していると、ある程度の確率で事故に遭遇したり、車に関するトラブルに遭うことがあります。そんな様々な車のトラブルをサポートしてくれるロードサービスとしては、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)の …