定年後の仕事はどうする?役職定年・リストラもあり得る

お金

人生100年時代と言われますが、平均寿命の伸びとともに定年後の人生が長くなっています。健康で長生きできるのは良いのですが、生活していくためにはお金が必要です。年金等の支給開始年齢は上がり、支給額は減少する見込みですので、定年後に悠々自適な生活ができるのは限られた人のみでしょう。定年後に仕事をして収入を得る必要がある人がほとんどです。定年後の仕事について準備を早く始めた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

注目!!
▼▼サラリーマンのお金・処世術についてはこちら▼▼
サラリーマンとお金・処世術のまとめ!リストラに負けるな!

定年後の仕事はどうする?

日々の仕事に一生懸命取り組み、給料を受け取るということは立派なことです。長年社会の一員として働くほど、本当にそのように感じます。しかし、そのような仕組みが永遠に続くわけではなく、定年まで働き続けられたとしても、定年退職後は収入を得るために新たな仕事を探さなければなりません。

かつては大企業に就職し、定年まで勤め、退職金を受け取って退職すれば、その後は悠々自適の生活ができるというイメージがありました。現在はそのような状況ではなくなっているのに、従来のイメージのままの方もいらっしゃるようです。しかし、実際に定年後の生活に入ってから、日々の生活費に困るようになり、収入を得るために慌てて仕事を探すような事態になることもあるようです。そして、十分な収入を得られる仕事がすぐに見つからないと、蓄えが減り続け、厳しい状況になっていきます。

定年後の仕事については、できるだけ早くから準備をすることが大切です。定年後にどのような仕事をしたいのか、これまでの経験や人脈などで活かせるものはあるのか、自分なりの戦略を考え、できるだけ自分にとっても納得できるものに近づける努力が大きな違いを生むでしょう。

定年になる前に役職定年・リストラもあり得る

現在の日本では、60歳定年の企業がほとんどです。政府などの要請により、定年を65歳に延長する企業もありますが、その場合でも60歳以降は、給与・業務内容等の労働条件・待遇が大きくレベルダウンしてしまう「再雇用」の形態などをとることが多いです。

また多くの大企業では、40代後半から50代前半で役職定年になることが多く、子会社等に転籍となることもあります。そうすると格段に給料が下がることが普通です。私が知っている一部上場のメーカーでは、55歳で役職定年になり、給料は半分になるという話をその会社の社員から聞きました。役職定年前の給料がいくらなのかによりますが、給料半減は珍しくないようです。給料減額とともに業務内容変えられ、やりがいを無くし、転職を考える人も珍しくありません。

さらにリストラ。最近でもパイオニアやジャパンディスプレイなどの大企業で人員削減が行われていますし、2005年以降でも日本の多くの電機メーカーを中心に何万人ものリストラが行われました。現在の日本の大企業では、新卒で入社した企業で定年まで働き続ける人の割合は数%と言われています。経団連の中西会長は、「経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです」と昨日発言しています。定年を待たずにいつ職を失っても不思議ではないです。

スポンサーリンク

定年後の仕事に求めるもの

前述のような状況を考えると、60歳の定年まで勤められるならばその4〜5年前から定年退職後の仕事をのことを考えて準備を始めた方が良いでしょう。50歳前後から役職定年になるようでしたら、それを機会に第2の人生を考えるのも良いでしょう。それによって、役職定年でこれまでの業務ができなくなることへの精神的な負担に対処できるようになります。これまでの仕事人生とは違う、これからの人生に向けて、どのようなスキルと経験、人脈を獲得していきたいのかを深く考えて実行に移していけば、役職定年後の業務も楽しめるかもしれません。最悪そうではなかったとしても、通常は役職定年でこれまでよりも給料が減る分、時間的な余裕ができることが多く、その時間を今後のことに充てることができるでしょう。

単純に何かの資格を取れば給料がもらえるというものではありませんので、それは勘違いしない方が良いですが、何らかの資格と専門知識を獲得し、さらにその実務経験を積むことができれば何もしないよりはかなり有利です。場合によっては、フリーランスとして行きていく道もあります。その場合も、副業という形でリスクを抑えて、早めにスタートを切ることができれば、経験を積んで成功できる確率を高くすることができるでしょう。

まとめ

定年後の仕事について、何よりも早期から準備を始めることの大切さを紹介しました。常に前向きな気持で努力しましょう。

▼▼サラリーマンのお金・処世術についてはこちら▼▼
サラリーマンとお金・処世術のまとめ!リストラに負けるな!

これからはIT系の人材が不足すると言われています。プログラミングと転職について、こちらの記事「プログラミングを学ぶと転職に役立つのでしょうか?費用は?」で紹介しています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました