幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

健康

ストレスで胃が痛い!乗り越える方法は?学生の頃からの体験

投稿日:

ストレスは万病の元。ストレスで胃が痛くなる人も多いようです。私も以前はストレスで胃が痛くなって苦しみました。それが今ではかなり改善しました。ほぼ乗り越えたと言って良いでしょう。同じような症状で苦しんでいる人のために、参考までに体験談を紹介します。

スポンサーリンク

ストレスで胃が痛い!乗り越える方法は?

ストレスは本当に恐ろしいです。あらゆる病気の原因となります。まだ十分に因果関係が明らかになっていないものもありますが、可能性としては「ストレスは万病の元」の言葉の通りでしょう。

私は、以前はストレスが溜まると胃が痛くなることがあったのですが、ストレスによって身体にどのような不調が現れるのかは人それぞれ。ストレスで心身に負担がかかりますので、その人の弱い部分が最初に悲鳴をあげるのかもしれません。

これは自分以外の人をよく観察したり、聞いてみたりするすることでもわかります。私の周囲にも、私と同じようにストレスで胃が痛くなる人もいましたし、頭が痛くなる人、夜眠れなくなる人、蕁麻疹ができる人、情緒不安定になる人など、人によって様々な症状が出ていました。

まずストレスによって胃が痛くなることを乗り越えるためには、自分の胃痛とストレスに関係があることを確認することが第1歩です。そしてストレスと関係があるようでしたら、ストレスに対処する方法を習得するようにしましょう。以下にさらに詳しく紹介します。

ストレスで胃が痛い!吐き気がする!

自分の胃痛とストレスに関係があることを調べるには、自分がどのような時に胃痛になるのか振り返ってみましょう。私が、胃痛に悩まされるようになったのは、大学受験の頃です。現役受験の頃は、受験勉強の方法が間違っていて、成績が上がらず、志望校にすべて不合格でした。自分でも成績が良くないのはよく分かりますし、模試や本番の試験の時にも問題を解けていないことが分かりましたので、それでストレスが溜まり、胃が痛くなりました。

さらに浪人して、予備校に通い始めて、スケジュール的にはギリギリ合格ラインに届きそうというレベルで勉強し、そして入学試験を受けました。その頃もストレスでよく胃痛になりました。ある大学の入学試験の休み時間に、トイレで気分が悪くなって吐いたことは今でも覚えています。このようにストレスと胃痛の関係がわかりやすかったので、すぐに気が付きました。

しかし、ストレスがいろいろな病気や身体の不調の原因となると分かっても、ストレスを溜めないようにして、未然に防ぐことは簡単ではありません。好き好んでストレスを感じているわけではありませんので。

当時は、複数の大学を受験し、第1志望の受験の時に、前述のように胃痛になりました。そのような状況でしたので、試験の手応えも悪く、結果としては落ちました。結果を確認する前から、「これはダメだな・・・」と分かりました。せめて第2志望は、体調を良くしてベストを尽くしたいと考え、いろいろと悩んだ末、「全力を尽くしてダメならしようがない」と開き直って試験を受けたところ、ギリギリ第2志望に合格できました。

受験が終わってからは、ストレスによる胃痛も少し良くなりましたが、その後もしばらくはストレスが溜まると朝起きた後に吐き気がして、歯磨きをすると吐きそうになることがよくありました。

そのためストレスをコントロールする努力をいろいろとしました。次項で紹介します。

スポンサーリンク

ストレスで胃が痛い!ストレスをコントロールして防ぐ

受験をして、胃痛に悩まされた頃、大学に入って一人暮らしを始めた頃は、ストレスによる胃痛が続きました。当時、自分なりにどんな時にストレスを感じるのか分析した結果、以下のことに気がつきました。

1.情報不足・経験不足による不安

浪人して予備校に行くようになってから痛感しましたが、自分の大学受験の勉強方法は多くの点で間違っていました。理由はシンプルで、あらゆることで情報不足でした。十分な情報を集めず、相談すべき人もわからず、思い込みだけで進めていたため、悩み、不安に感じることが多かったのです。

これは受験後でも、いろいろなことで通じるものがあります。人間、誰でも初めて体験することはよく分からず、不安を感じることが多いものです。仕事でもプライベートでも、情報を集め、できるだけ早く、積極的にいろいろなことを体験すれば不安が減っていくものです。経験値を高めるということは、ストレスレベルを下げることに極めて有効です。

2.不安・悩みは無駄

自分自身、心配性と自覚していたので、メンタル・タフネスなどに関する本などは複数読みました。まず結論として、不安や悩みそのものは心の状態であり、不安に感じること、悩むことは無駄であるということです。不安に感じたり、悩んだりしても、現実の状況は好転しませんし、むしろ体調を崩すなどの悪影響が出ます。不安・悩みを捨て去る努力をすることが重要です。

具体的には、前向きなことを考え、目標と計画を立て、行動することです。そして、できるだけの努力をしたら、結果がどうであれ受け入れる覚悟をするとメンタルで落ち着けるでしょう。人生の成功の形は1つではありません。仮に上手く行かなくなっても、他の方向で上手く行く可能性はたくさんあります。不安・悩みに苛まれてしまうと、視野が狭くなり、自分の可能性が見えなくなってしまうものです。

逆境にあっても、必ずチャンスがあると信じましょう。

3.身体と心はつながっている

スポーツや武道などでは、フィジカルだけでなくメンタルの重要性はもはや常識です。どんなに優れた競技のスキル・体力を持っていても、メンタルが弱くて力を発揮できないことはよくあることです。

これは心が身体に影響を及ぼすということですが、その反対に身体から心の状態に影響を及ぼすこともできます。これはヨガやストレッチでは、当たり前の考え方です。実際、ストレスが溜まっている時は、身体のどこかに力が入っていたり、歪みがあったりすることが多いです。ヨガやストレッチで筋肉を伸ばし、呼吸を整えると、身体の力みや歪みが取れるのが分かります。それによって心も落ち着いてくるものです。

毎日、ストレッチをやるようにしてからは、ストレスレベルを下げられるようになりました。

これらのことはストレスレベルを下げることに効果がある可能性がありますので、参考にしていただければと思います。

ストレスで胃が痛い!病院に行く!

社会人になってから、胃痛がひどくなった時に、胃の内視鏡検査を受けたことがあります。軽い胃炎で、それほど深刻な状況ではなかったのですが、同時に行ったピロリ菌検査が陽性で、ピロリ菌の除菌を行うことになりました。

私が学生だった頃は、まだピロリ菌について広く周知されていなかったと思います。現在ではピロリ菌が胃痛や胃がんの原因となることは広く知られています。

ストレスでどのような身体の不調が出るのかは人それぞれです。私の場合は胃痛だったのですが、振り返って考えるとピロリ菌が原因の1つであった可能性が高いです。前述のようにストレスを感じた時に胃痛になったので、対処方法としてはストレスをコントロールすることに取り組んだのですが、もっと早くピロリ菌を除菌していれば、多少のストレスでも胃痛にならなかった可能性があります。実際、ピロリ菌除菌をした後は、ストレスで胃痛になることはほとんど無くなりました。

このようにストレスを感じた時に胃痛になるとしても、医学的な治療等により乗り切れる可能性もありますので、早めに診察を受けた方が良いでしょう。

胃の内視鏡検査をまだ受けたことが無い方は、検査そのものに不安を感じるかもしれませんが、熟練した医師による経鼻内視鏡検査であれば、ほとんど苦痛は感じません。近所の評判の良いクリニックを探してみましょう。

横浜にある内視鏡検査の評判の良いクリニックについては、体験記をこちらの記事「胃内視鏡は経鼻なら苦しくない?ららぽーと横浜クリニックで体験」に記しましたのでご覧ください。

まとめ

私のストレス性胃痛を乗り越えた体験記を紹介しました。心身に関することは個人差がありますので、あくまでも参考としていただければと思います。少しでも症状が改善することをお祈りいたします。

スポンサーリンク

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事でストレスが溜まる時にやるべきこと!大変な事態を回避!

仕事でストレスを感じない人などほとんどいないでしょう。何らかのストレスを感じながら働いているのが普通です。しかし、ストレスがどんどん溜まり、上手くそれに対処できない状況になる前に、ストレスレベルを下げ …

no image

エプソンのリストバンド型活動量計PS-100BLでダイエット!

エプソンのリストバンド型活動量計PS-100BLを買って、活用しています。 「PS-100BL【税込】 エプソン ウェアラブル脈拍計 ブラック / Lサイズ EPSON PULSENSE バンドタイプ …

世界一伸びるストレッチ!効果あり!身体が硬い人のためのストレッチ

長年、「自分は身体が硬い」と思っています。それは歳をとるほど進行し、まるで岩石みたいと感じていました。 これまでもヨガのビデオを買って、一時期は毎朝ヨガをしていました。ヨガをすることで、以前は毎日のよ …

糖質制限ダイエット 外食での注意!旅行先で大変でした!

スポンサーリンク 糖質制限ダイエットに取り組んでいる方、これから始めようという方、現在、ゆるーく、無理なく実践中の私の体験談を記しています。 ご興味ございましたら、ご覧下さい。 スポンサーリンク

健康寿命の伸ばし方は?病気を悪化させないための基本は?

スポンサーリンク 内閣府の調査によると、長年(1978~2012年)、日本の自殺原因のトップは「健康問題」で、2位が「経済・生活問題」です。もちろんこれらは主原因であり、これらが複合された場合はより …