汗の臭い対策をしっかりやって好感度アップ!男女兼用!

ライフ

日本の夏は猛暑です。通勤・通学で外を歩くだけでも、汗をたくさんかいてしまいます。効果のある汗の臭い対策をしないと、汗臭くなってしまい、臭いがとれなくなってしまいます。人と会う時に汗の臭いが強いと好感度が下がってしまいそうです。簡単な対策をすることで、汗の臭い対策には効果がありますので、以下に紹介します。

スポンサーリンク

注目!!
▼▼ビジネスマンならば知っておきたいこと・ノウハウについてはこちら▼▼
ビジネスマンに必須の知識・ノウハウのまとめ

汗の臭い対策をしっかりやって好感度アップ!

暑い夏に、常に冷房の効いた部屋に居るならば、ほとんど汗をかかないかもしれません。しかし、多くの人が通勤・通学で外に出ますので、汗をかかないようにすることは無理でしょう。そもそも汗には、高温下で体温が上がらないように身体を冷却するという重要な機能があります。これが機能しないと、熱中症などのリスクが高くなりますので、汗そのものが悪いわけではありません。

汗の機能を理解した上で、汗の量そのものを減らすことができれば、具体的な汗の臭い対策を行う前の基本として役に立つでしょう。基本的な考え方は、「身体を冷やして体温の上昇を抑える」ことです。具体的には以下のような対策があります。

1.衣類で調節する

最近はクールビズも浸透してきましたので、ビジネスシーンでもスーツの上着を着用しなくても良い場面が増えました。室内では、そもそも冷房が効いていることが多いですが、出先でスーツの上着を着用しなくて良いと分かっているならば、そもそも上着を着て行かなくて良いので、猛暑の外を移動する時にかく汗の量も減るでしょう。また上着が必要でも、移動中は脱いで良いはずなので、できるだけ上着を脱いでいれば汗の量を減らせます。どうしても上着を着なくてはならない場合は、夏用の薄い生地のものを着用しましょう。秋冬用のスーツを春夏用、できれば盛夏用にすればかなりの差があります。

2.携帯扇風機を使う

日本では昔からうちわや扇子であおぐという習慣がありますが、状況によってはあまり良い印象を与えない可能性もあります。最近、愛用する人が増えているのが携帯扇風機です。充電式でランニングコストも安く、持ち運びもできますし、卓上に設置することもできます。これで自分に風を当てることで汗の量を大きく減らせば、下記で紹介するような汗をかいた後の対策よりも格段に効果がありますし、コスパも良いです。

外出先などを汗だくで訪問するよりも、そもそも汗をあまりかかないようにして、訪問する方が好感度もアップするでしょう。

汗の臭いの原因を理解しよう!

気温が上がってくると汗の臭いが気になるますが、まずは汗の臭いの原因を理解しておきましょう。

通常の汗は、実は無色・無臭です。汗そのものは本来は臭わないのです。それなのに汗が臭くなるのは、汗に含まれる成分や皮脂、皮膚のタンパク質などによって雑菌が繁殖するためです。そのため、汗をかいてから雑菌が繁殖して臭くなるまでにある程度の時間がかかります。条件にもよりますが、おおよそ1時間と考えておけばよいでしょう。

またにんにくなどのある種の食品によっては、食べた後に臭いがきつくなる場合もあります。あまりに極端に臭いがきつくなるものを大量に食べるのは注意した方が良いですが、あまり神経質になってもストレスが溜まりますので、以下のような口臭予防のグッズを使うなどしましょう。

ワキガや水虫などがある場合も、臭いがきつくなることがありますので、そのような場合は医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

汗の臭い対策の基本は拭き取る

前述のように汗が臭くなるまでにある程度時間がかかりますので、汗をかいたら1時間以内で拭き取るようにするのが効果的です。ただし、汗には体温上昇を抑える重要な機能がありますので、すぐに拭き取るのもあまり良いとは言えません。どんどん汗が出てくるならば、まずは衣類で調節したり、携帯扇風機を使う、冷房の効いている場所や日陰などで少々休むなどして、汗の出る量そのもの抑えることも考えましょう。

夏場は汗を拭き取るためのハンカチは欠かせません。汗をかくことが多いようでしたら、給水力の高いタオル地のものが良いでしょう。

移動中などにたくさん汗をかき、目的地に着いたら、以下のような市販のボディシートなどで顔・脇・首などを拭くと清潔になりますし、気化熱で冷却されるので汗を抑える効果も多少あります。

夏場の必須アイテムと言えるでしょう。

汗の臭い対策に消臭下着・靴下

汗を拭き取ると言っても、さすがに外出中に下着を取り替えるのは簡単ではありません。脱いだ下着を持ち歩かなければならないですし、非常時でないと難しいでしょう。下着はもっとも汗を吸いますし、体温で温められていますので、臭いの原因になりやすいです。

そこで効果を発揮するのが消臭下着と靴下です。繊維に消臭機能がありますので、臭いそのものを消してくれます。もちろん完璧ではないのですが、通常のものに比べれば大きな効果はあります。

猛暑の時期に汗は必ずかきますので、臭いやすい下着・靴下には消臭タイプのものを使用する価値が高いでしょう。

汗の臭い対策はよく洗う!

前述のように汗は、皮脂や皮膚のタンパク質などを養分として雑菌が繁殖することによって臭くなります。帰宅後に入浴し、汗や皮脂、垢を洗い流しましょう。特に臭いやすい場所はよく洗いましょう。また就寝時にたくさん汗をかいた場合は、出かける前に軽くシャワーで流しておくだけでも効果があるでしょう。

まとめ

日本の厳しい夏の汗の臭い対策について紹介しました。汗の臭いを抑えて好感度をアップしましょう!

▼▼ビジネスマンならば知っておきたいこと・ノウハウについてはこちら▼▼
ビジネスマンに必須の知識・ノウハウのまとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました