5Gとは?いつから始まる?スマホは?わかりやすくまとめました!

まとめ

いよいよ5Gのサービスが始まろうとしています。3Gや4Gのサービスが始まった時と同じように、移動体通信システムの新しい世代が始まると大きな社会的変革につながる可能性があります。世の中の流れに乗り遅れないように、5Gの基礎知識を学んでおきましょう。5Gに関することを分かり易くまとめてみました。

スポンサーリンク

5Gはいつからサービスが始まるの?ドコモ・ソフトバンク・au

5Gは、日本ではキャリア各社が2019年9月からプレサービスを開始する予定です。NTTドコモはラグビーワールドカップの会場で、ソフトバンクはヤフオクドームのソフトバンクの試合を5Gを使って中継するようです。

本格的な商用のサービスは、2020年から開始する予定です。プレサービスでの知見を活かして、スポーツの会場から、臨場感の高い高精細映像をマルチカメラで視聴できるようなサービスが提供されるようです。以下の記事で紹介しています。

関連記事:5Gはいつからサービスが始まるの?ドコモ・ソフトバンク・au

5Gで何ができる?そんなにすごいの?スマホと基地局は?

5Gのサービスがいよいよ開始されますが、なぜこれほど大きな話題になっているのでしょうか?5Gとは「第5世代移動通信システム」のことで、これまでに第1世代から第4世代まで順次実用化されてきました。1Gでは車載電話、2Gではメールやiモード、3Gでは携帯で写真を撮って送る「写メール」、4Gではスマホで動画、写真、音楽、インターネット、ゲーム、ショッピング、電子決済など、目覚ましい進歩を遂げ、社会に大きな変化をもたらしました。5Gではさらに大きな変化をもたらすと考えられているため、大きな注目を集めているわけです。以下の記事で紹介しています。

関連記事:5Gで何ができる?そんなにすごいの?スマホと基地局は?

スポンサーリンク

5Gのサービスで何ができる?一般消費者用と法人用

移動体通信システムとしての5Gのポテンシャルの大きさは誰もが認めていますが、5Gを使ってどのようなサービスがビジネス面で重要となるのかはまだ全貌が明らかになっていません。4Gを他社に先んじて上手く活用した企業は覇権を握り、それができなかった企業は淘汰されてきました。そのため多くの企業が5Gを活用する研究開発を活発に進めています。

5Gを活用したサービスは、大別すると一般消費者向けのサービス(B to C)と企業向けのサービス(B to B)があります。前者の代表例としては、スタジアムでのスポーツ観戦をVRで楽しむもの、後者の代表例は、工事現場、工場などでの活用や無人店舗、車の自動運転などです。現時点でそれらの取り組みから想定される5Gを使ったサービスについて、以下の記事で紹介しています。

関連記事:5Gのサービスで何ができる?一般消費者用と法人用

5Gになったらスマホを買い替えないといけないの?4Gは?

5Gが始まったら、スマホを買い替えないといけないのでしょうか?5Gは4Gとは異なる通信方式ですので、5Gのサービスをスマホで利用とするならば5G対応のスマホに買い替える必要があります。しかし、5Gのサービスが日本で開始されても、当面は4Gの通信設備は当面利用でき、4Gの通信サービスも継続されますので、5Gを利用せずに4Gを利用するのであれば、これまで使用してきた4G対応のスマホをそのまま利用できます。3Gについては、5Gのサービス開始後に終了に向けてNTTドコモとauは動き始めます。ソフトバンクはまだ3Gの終了については発表していないようです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:5Gになったらスマホを買い替えないといけないの?4Gは?

5Gの速度は4Gの何倍なの?LTE-Advancedとは?

5Gの速度は4Gの何倍なのでしょうか?厳密な最大理論値で言えば、5Gは4Gの20倍の速度ということになります。しかし、5Gの速度について書かれている記事によって、何倍という数値にバラつきが見られます。なぜでしょうか?

なぜ「4Gの何倍速い」という点で食い違いがあるのかというと、4Gの伝送速度について何を基準にしているのかが異なるためです。よくあるのが現在のスマホで主流のLTE(Long Term Evolution)の速度を基準にしている場合です。さらに5Gの速度も理論値ではなく10Gbpsとして、「LTEの100倍以上の速度」としてアピールしているものをよく見かけます。もう一つは、LTE-Advancedを基準にして、5Gの最大理論値の20Gbpsを「LTE-Advancedの20倍」としているものです。以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:5Gの速度は4Gの何倍なの?LTE-Advancedとは?

5Gはいつから世界で始まるの?韓国と米国の様子は?

日本だけではなく、世界各国が5Gの商用サービスを開始します。国によってサービス開始のタイミングが異なります。世界の各国ではいつから5Gがスタートするのでしょうか?

現時点(2019年4月3日時点)で5Gの商用サービス開始の予定は、各国ごとに以下のようになっています。

2018年開始: 米国、韓国
2019年開始: 英国、南アフリカ、イタリア
2020年開始: 日本、ドイツ、フランス、アルゼンチン、中国、ロシア、オーストラリア、カナダ、トルコ、インド、メキシコ、サウジアラビア
2021年開始: ブラジル
2022年開始: インドネシア

米国と韓国では、5Gの商用サービスが世界に先駆けて開始されますので、その動向を各国の関係者は注目しているでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:5Gはいつから世界で始まるの?韓国と米国の様子は?

NTTの5Gの投資はどれぐらい?

世界各国で5Gの商用サービスが行われます。そのためには5G用の基地局等のインフラへの投資が必要となります。日本の通信業界のNTTはどの程度の投資を計画しているのでしょうか?

5Gとは「第5世代移動通信システム」のことで、現在の4Gの次の移動体通信システムです。4Gに比べて、「高速・大容量」、「低遅延」、「同時多接続」という優れた特徴を持っています。

これまで1Gから2G、3G、4Gと通信システムの世代更新が行われる度に、どれほどの社会的な変革・影響があったのかを振り返ってみれば、5Gの導入について、米中が主導権を握ろうと熾烈な戦いを繰り広げるのも理解できるでしょう。日本が5Gで国際的な競争に負けないためにも、日本国内での5G用インフラ整備は重要です。

NTTが2018年に発表しているNTTグループ中期経営戦略『Your Value Partner 2025』によると、新たな領域の研究開発に、今後5年間で2兆円の投資を行い、その内の1兆円を5Gインフラ構築等投資に充てるとのことです。NTTレベルの事業規模の企業でなければ実行できないような投資額ですね。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:NTTの5Gの投資はどれぐらい?耐えられるのか?

まとめ

5Gについて分かり易く紹介しました。詳しくはそれぞれの記事でご覧ください。新しい技術が登場する時は、初期段階ではその全貌がよく分からないものです。しかし、実際にサービスが始まれば、日進月歩で技術の利用が進んでいくと予想されます。まずは基礎知識から学んでおきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました