幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

5G

5Gのサービスで何ができる?一般消費者用と法人用

投稿日:2019年3月26日 更新日:

5G(第5世代移動通信システム)のサービス開始が近づいています。これまで1Gから4Gまで、移動通信システムの世代が変わる度に、人々の生活が便利になるだけでなく、産業構造の変化も起こり、淘汰される企業と新たに覇権を握る企業に分かれてきました。5Gもそのような社会変革を起こすと考えられています。どのようなサービスが始まるのでしょうか?

スポンサーリンク

5Gのサービスで何ができる?

5Gでは、最高伝送速度は理論値で 20Gbps、100万台/km2の接続機器数、1ミリ秒程度の低遅延という圧倒的な性能の通信が可能となります。これにより、4Gでは困難であった多種多様なサービスが提供可能となります。しかし、技術的な観点のみでなく、ビジネス的な観点からもサービスが成立しなければなりませんので、5Gが本格的にスタートしてからどのようなサービスが利用可能となるのかまだ分かりません。

そのため2019年9月から、キャリア各社が実証実験を兼ねてプレサービスを開始します。また2020年の5G商用サービス開始に向けて、キャリア各社は企業・自治体などの多くの団体と研究開発を進めています。

現時点で想定されている5Gを利用したサービスについて、一般消費者向けと法人向けについてそれぞれ紹介していきます。

5Gのサービスの一般消費者用(B to C)

ソフトバンクは、2019年3月からヤフオクドームで開催されるソフトバンクの試合を、スマートフォンとVRゴーグルで視聴できる中継サービスを開始しました。これは一般のテレビ中継とは異なり、複数のカメラで撮影している映像を好みに合わせて切り替えながら観戦することができます。またVRゴーグルを使用すれば、臨場感の高い映像により実際にヤフオクドームにいるような気分で観戦することができます。

これは5Gでのサービスの需要を調査する目的も兼ねたサービスです。すでに5Gでの実証実験は行っています。最終的にどのようなものになるのかまだ確定していませんが、高精細な映像で3Dになる可能性もあります。フルハイビジョンと4Kの映像が大きな違いがあることは多くの人が体感済みですが、5Gで高速の通信が可能になって初めて高精細VRの画像表示がライブ中継でできるようになります。

NTTドコモも、ラグビーワールドカップ会場でプレサービスを予定していますので、2020年からは何らかのスポーツイベントの中継に5Gを利用していくと予想されます。

5Gの通信網が整備されれば、高速のダウンロードが可能になりますので、高精細映像サービスももっと身近なものになるでしょう。

スポンサーリンク

5Gのサービスの法人用(B to B)

キャリア各社のコメントによると、5Gの基地局は4Gの時のように主要都市から人口密度の低いところへ向けて整備するような進め方ではなく、需要のある所から整備するとのことです。これは5Gでは4Gよりも格段にビジネスの現場での利用が期待されているからです。それは以下に紹介するような実証実験からもよく分かるでしょう。これらを利用するには、LANのようにある範囲内で5Gが使えれば十分に利用価値があることからも理解しやすいです。

以下に実証実験例を紹介します。

1.工事現場での活用

海外の巨大な鉱山などでは、超大型の建機(ブルドーザーやダンプカーなど)をICTによって管理制御することがすでに行われています。コマツでは、販売した建機の稼働状況などもICTで把握し、メンテナンスの時期などを予測しています。5Gがこれらの鉱山や工事現場で利用できるようになれば、高精細画像を見ながら建機を遠隔で操縦することも容易になります。高精細を送受信できる高速通信だけでなく、5Gの低遅延と多数の機器と接続できる特性があって実現できることです。

2.工場での活用

世界的に工場の自動化が進められています。ファナックなどのファクトリーオートメーションのロボットが製造工程に導入されています。これらに高画質カメラが取り付けられ、より高度な画像認識技術とAIを使えるようになれば、さらに高度な作業が可能となります。これらのロボットの制御には、有線のケーブルが取り付けられていることが多いです。高速の作業をするほど通信の遅延が問題となるからです。5Gを導入することで、低遅延の通信が可能となり、有線ケーブルを取り外せると考えられています。ケーブルが不要となれば、ロボットは軽く、動きやすくなりますし、導入時の配線の手間等も不用となるので大きなメリットがあります。

3.レジ無し店舗

アマゾンのレジ無しのコンビニ店舗が話題となりましたが、5Gが使えれば簡単に同様の店舗を作ることができます。高精細ビデオカメラと画像認識技術&AIを使えば、入店時から客を追跡し、どの商品を棚から取って店舗を出たのか解析できます。その結果、店舗を出た瞬間に決済することができます。これは人手不足で悩む小売には大きな可能性を提供するでしょう。

4.自動運転

もっとも話題となっているのは自動車の自動運転です。自動車は高速で移動しますので、自動運転において通信の遅延は致命的でした。5Gになって低遅延になれば、いよいよ実現性は高まります。しかし、人命がかかっているということと、自動車が走行する道路を5Gの基地局がカバーできるように整備しないといけないことから、普及は少し先になりそうです。

まとめ

5Gで提供されると想定されるサービスについて紹介しました。4Gが始まる前に、4Gを活用してどのようなサービスが可能になるのかをすべて予想できたわけではなく、その予想を上回る活用と社会変革をもたらしました。5Gは4G以上の通信システムですので、その影響は計り知れないものがあります。

5Gについては、こちらの記事「5Gについてのまとめ」にまとめましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

-5G
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5Gになったらスマホを買い替えないといけないの?4Gは?

日本では、2019年9月から5Gのプレサービスが始まり、2020年から商用サービスが開始されます。キャリア各社は、5Gならではのメリットを活かせるようなサービスの開発を進めています。ところで5Gが始ま …

5Gはいつからサービスが始まるの?ドコモ・ソフトバンク・au

これまで携帯電話・スマホの通信速度は、3G、4Gなどどいうように移動体通信システムの進歩とともに大幅にスピードアップしてきました。いよいよ最新の5G(第5世代移動通信システム)がスタートしようとしてい …

5Gで何ができる?そんなにすごいの?スマホと基地局は?

5Gのサービス開始が近づいているため、メディアでは5Gについての話題が盛り上がっています。4Gよりも5Gの方が数字が大きいので、何となくすごそうな感じがしますが、5Gとはそんなにすごいことなのでしょう …

5Gの速度は4Gの何倍なの?LTE-Advancedとは?

5Gのサービス開始が近づき、メディアに5Gに関する記事が多く掲載されています。5Gとは「第5世代移動通信システム」のことで、これまでに第1世代から第4世代まで順次実用化されてきました。5Gが4Gに比べ …

5Gはいつから世界で始まるの?韓国と米国の様子は?

いよいよ5Gの商用サービス開始が近づいています。日本だけではなく、世界各国が5Gの商用サービスを開始しますが、同時にスタートするわけではありません。国によってサービス開始のタイミングが異なります。世界 …