幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

株式投資

割安株は上がらないのか?儲からない理由は?

投稿日:2019年3月9日 更新日:

株式投資を始めてある程度経験を積むと、儲かることもあれば損することもありますので、少しでも損しないように株式投資の勉強をする人も多いでしょう。株式投資の方法は一つではなく、成功した実績のある複数の方法が知られています。その中でも割安株に投資する方法は、主流の方法の一つです。しかし、割安株に投資しても上がらないことがあります。以下に紹介します。

スポンサーリンク

割安株は上がらないのか?

まず割安株とは何でしょうか?一般的な理解として、その企業の価値に対して株価が割安な状態にある株のことです。PBR(株価純資産倍率)やPER(株価収益率)によって、割安か割高かを評価することが広く行われています。

PBRは、株価を「一株当たり純資産」で割ることで求められます。これが1倍未満であれば、理論上は株式をすべて購入し、会社を解散して精算すれば儲かることになりますので、割安と考えられます。実際には、会社の固定資産を売却しても、安く買い取られれたり、そもそも売れないこともありますので、解散価値通りには行きません。反対に、含み資産などがあると、より高く売れることもあります。

PERは、株価を「一株当たり純利益」で割ることで求められます。PBRが会社の保有する資産に関する指標であることに対し、PERは会社が毎年稼ぐ収益に関する指標で、「稼ぐ力」に対する評価と言えるでしょう。PERがどの程度以下ならば割安と言えるのかは、PBRよりも分かり難く、業界によっても平均値が異なります。

純利益が株主のものという原則に立てば、PERが10倍ならば、一株当たり純利益の10年分で株を購入した際に投じた費用を回収できることになります。実際は純利益のすべてを配当に充てられるわけではなく、また保有している株式を売却すれば現金化できますので、株価が大きく下がらなければ投資資金を回収できるのはもっと早い場合もあります(*購入後に株価が変わらなければ、いつでも回収できます。手数料は無視しています)。一般的な理解として、PERが10倍以下ならば割安と考えられます。PERが100倍となると、原則に基づいて考えても一株当たりの純利益の100年分で投資を回収することになるので、通常は割高と考えます。

割安株投資の根本的な考え方は、「株価が本来の価値よりも割安に放置されているから、将来はさらに株価が上昇するだろう」というものです。この考え方は比較的受け入れやすいので、株式投資の勉強を始めた際に割安株投資の道に入る人も少なくありません。そして、よく耳にするのが、「割安株は上がらない」という意見です。実際、割安株が上がらないことはよくありますので、以下にその事例を解説していきます。

割安株が上がらないのは戻り売りがあるから

ある株が割安株をみなせる状況になるのは、多くの場合は株価が下がってきたからです。もともと「この会社はいいなあ」と思って株価をチェックしていたら、高値を付けた後に徐々に下がってきて割安な株価になることがあります。そこで狙いを定めて株を購入すると、さらに株価が下がって行き、含み損になることがよくあります。すぐに反発して設けられると思ったら、その後何ヶ月も株価が低迷してしまうこともあります。

購入した会社の業績は良いのに、なぜ株価が反発して含み益が得られないのでしょうか?その一つの要因として考えられるのが株の需給関係です。株価を決める要因の一つに需給関係があることはよく知られています。つまり、株を売りたい人が買いたい人よりも多ければ、より安値で売り注文を出し、株価を下げる圧力になるということです。

株価が大きく下がる時は売買高も大きくなることが多くなります。売買は株を買う人もいないと成立しませんので、その際にその付近の株価で買われた株も大量に存在することになります。株価が下げ止まり、再度上げ始めた時に、この大量に買われた株の保有者が戻り売りをする、いわゆる「やれやれ売り」で売り注文を出すことが多く、これが株価の上昇を阻みます。

つまり、自分が割安と思って買った株価から、さらに大きな出来高をともなって株価が下がった場合、その価格帯が株価の上昇を阻む壁となります。この壁を突破するには、株価の下落時の出来高を消化するレベルの出来高が累積するまで待つ必要があります。

スポンサーリンク

割安株が上がらないのは割安ではないから

割安株と判断して株を買ったのに、その後、株価が上昇しないことがあります。その理由として考えられるのは、株価がそもそも割安ではなかった可能性があります。これはそもそも「割安株とは何か?」という根本に戻ってしまうことなのですが、多くの投資家が何を割安と考えるかと関係があります。

日本の株式市場は、海外投資家の売買シェアが大きく、海外投資家の売買動向で大きく株価が変動することが知られています。海外投資家の多くは、ROE(自己資本利益率)を重視することで知られています。

PBR = PER × ROE の関係にありますが、PBRとPERだけを見ていても、その会社の真の実力が見えないということです。特に割安株投資というとPBRを中心に見て銘柄選択をする人も少なくないですが、その会社の保有する資産だけでなく、その会社の稼ぐ力を分析しないと割安か否かは分らないでしょう。また利益だけを増やしても、そこに投下する資本が増え、資本の効率が低いと評価は下がります。

日本の投資信託でもROEが基準に達していないと組み入れられない場合もあり、買いが集まらなければ株価も上がりません。

PBRとPERだけでなく、ROEも必ずチェックするようにしましょう。

割安株が上がらないのは人気がないから

割安株が上がらない要因として人気がないということがあります。これはある意味、前述の需給関係の一つでもありますが、ここで述べるのは、戻り売りによるものではなく、そもそも買いが集まらないことによるものです。

株は「美人投票」とも言われます。その株を気に入って買おうという人が増えないと、株価が上がらないためです。割安で長期間放置されている株は、あまり人気がない可能性が高く、保有し続けてもそのまま人気が出ずに株価が低迷し続ける可能性もあります。

割安株が上がらないのは相場が低迷しているから

株式市場では、ほとんどの株の株価が下がる全面安の状況になることがあります。インターネットのお陰で瞬時に情報が世界中を駆け巡り、株式市場の連動性も高くなっています。割安株だけでなく、相場全体が下げるようであれば、もともと割安で放置されているような株ですので、他の株と同様に下げる可能性が高いでしょう。

株式市場には、上昇相場もあれば下落相場もあります。またボックス圏的な動きで株価が大きく上昇も下降もしないこともあるでしょう。株式投資の経験が数年程度では、これらすべての局面を経験できて無く、株式市場に対して十分なトレンド分析ができていない可能性が高いです。

株式投資では、書籍等を読んで勉強することが大切ですが、経験というものは大きな財産です。大きな損失を被ったことは、忘れられない経験となり、それを分析し、自分の株式投資に活かすことでレベルアップしていきます。反面、経験に大きく頼る傾向もあります。上昇相場しか経験していなければ、株価はどんどん上昇していくイメージで考えるクセがついてしまうことが多くなります。経験豊富な株式投資家は、すべてのトレンドを経験済みで、相場のトレンドを分析しながら冷静に株式投資をできるでしょう。

相場が低迷している時は、割安株も上昇しないことが多いということを知っておきましょう。

まとめ

株式投資の勉強を始めた際に、多くの人が割安株投資の道に入っていきます。ここで紹介したような株価が上がらない事例があることを把握しておくと良いでしょう。なお本記事は株式投資の勧誘を目的としたものではありません。株価が下がり、損失を被ることがありますので、株式投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

-株式投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株式投資のリターンはどれくらい?リスクを理解しよう!

日経マネーなどのマネー誌を見ると、1億円以上の資産を築いたいわゆる「億り人」の個人投資家が多数登場します。自分も株式投資で成功して「億り人」の仲間入りをしたいとお考えの方々も少なくないでしょう。現実的 …

株で買っていはいけない銘柄は?大損しないために

資産形成のために株式投資に取り組んでいる方も多いです。地道に情報を集め、投資対象となる企業について分析し、株を買っていると思います。いろいろな経営指標を詳細に調べて、業績の良い有望な銘柄を選ぶと思いま …

株式投資では日本経済新聞電子版が便利!銘柄分析にも!

インターネットで安い手数料で簡単に株式投資できるようになってから、多くの人が株式投資をやっています。それは書店で多くのマネー誌が販売されていることからも分かるでしょう。株式投資をするならば、投資する銘 …

ストック型ビジネスの株は魅力的?銘柄と注意点は?

株式市場には多くの企業が上場しており、多種多様なビジネスを展開しています。ビジネスにはそれぞれの特性があり、それに基づく強みと弱点があります。株式投資をするならば知っておきたい「ストック型ビジネス」に …

高配当株投資入門!配当金で生活するための第一歩

多くの人が歳を取るほど給与収入が少なくなり、さらにはゼロになる可能性が高いです。定年退職後に再雇用されても、ある年齢になればまた退職することになるでしょう。年金の支給開始年齢も上がり、さらには支給額も …