幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

ライフ

フリーランスと自営業と個人事業主の違いは?法人化は?

投稿日:

事情は人それぞれですが、会社を辞めて独立することを決意する人も少なくありません。サラリーマンの時は意識していなくてもいろいろな制度や組織にサポートされていますが、独立してそれらが無くなった時に戸惑うことも多いでしょう。その第一歩として自分の身分をどのように呼べばよいのか悩むことがあります。フリーランス、自営業、個人事業主などの言葉の正確な意味を把握しているでしょうか?以下に紹介します。

スポンサーリンク

フリーランスと自営業と個人事業主の違いは?

会社を辞めて個人として事業を営んでいる場合を指す言葉として、フリーランス、自営業、個人事業主という言葉をよく聞きます。これらはどのような意味なのでしょうか?

フリーランスとは、企業等に所属せず、個人として事業を営む形態を言います。日本では「フリー」と呼ぶことも多いです。基本的には請負で仕事をすることになります。

自営業は、フリーランスとほぼ同じ意味です。自営業を営む人を自営業者と呼びます。

個人事業主は、フリーランスの内、法人を設立していない人のことです。個人事業主として働く場合には、まず税務署に「開業届」を提出します。

非常に似ていますが、基本的な意味を理解しておきましょう。

フリーランスになる前に法人化か個人事業主になるか決める

会社を辞めてフリーランスになると決めたら、新たに法人を設立するのか、開業届を提出して個人事業主としてやっていくのか決めます。法人を設立するためには費用がかかること、利益に対する税率の違いから、売上・利益の規模がある程度以下では個人事業主の方が有利になることが知られています。そのため、まず個人事業主として事業を始め、順調に事業が軌道に乗り、売上・利益が増えてきたところで法人化するいわゆる「法人成り」を選ぶ人もいます。

法人を設立することは、信用面ではメリットが大きく、「社長」の肩書が入った名刺を使えることを個人事業主よりも良い対応をしてもらえることが多いでしょう。

自分に合う方を選べば良いでしょう。


スポンサーリンク

フリーランスで個人事業主になる時は年金と保険に注意

サラリーマンならば、通常は厚生年金に加入しています。意識していなくても毎月の給与から天引きされています。また厚生年金の半分は企業が負担しています。ところが退職し、フリーランスになると、国民年金に加入するなどの手続きを自分でしなければなりません(*その他の選択肢については割愛します)。

健康保険は、サラリーマンならばその会社の健康保険に加入していることが多いですが、フリーランスになると国民健康保険に加入することになります。これも自分で手続しなければなりませんので、退職前にやるべきことをリストアップし、一つずつ進めていく必要があります。

まとめ

フリーランスになるための第一歩として、フリーランス、自営業、個人事業主などの言葉の意味から、基本的なことを解説しました。面倒なことも多いですが、着実に進めましょう。

スポンサーリンク

-ライフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

習慣から思考を変える方法!人生の可能性を広げよう!

成功するために毎日努力している勤勉な方々が多数いらっしゃいます。勤勉な人ほど日課を定めて習慣化しているかもしれません。「人間は習慣の動物」とも言われますので、成功するための日々の努力が習慣化されれば成 …

逆境を乗り越える方法!リストラされた時に実践しました

スポンサーリンク 人生、本当にいろいろなことがあります。調子の良い時はよいのですが、逆境にあるときほどその人の真価が問われます。逆境にある時ほど、不安・悩みが襲い掛かってきます。「逆境を乗り越える方 …

胃カメラと大腸内視鏡検査は同時にできるの?辛い?

胃カメラと大腸内視鏡検査を受けたことがありますか?今までこれらの検査を受けたことが無く、初めて検査を受けるとなったらほとんどの人が緊張するでしょう。どちらか一方だけでも大変そうなのに、胃カメラと大腸内 …

インフルエンザは解熱後2日経過すれば出席できる?日数の数え方

昨年に続き今年もインフルエンザが猛威を奮っています。インフルエンザになってしまったら、ゆっくり休養と栄養をとって治療に専念すべきですが、ある程度の以上の年齢になると仕事や試験などの重要なことのために、 …

フリーランスのITエンジニアで仕事が獲れなくてお困りですか?

2019年1~6月の期間の上場企業の早期退職者数が約8,200人となり、2018年の1年間の4,126人を大きく上回りました。人それぞれ事情は異なると思いますが、これまで勤めていた会社を辞め、新たな道 …