フリーランスと自営業と個人事業主の違いは?法人化は?

ライフ

事情は人それぞれですが、会社を辞めて独立することを決意する人も少なくありません。サラリーマンの時は意識していなくてもいろいろな制度や組織にサポートされていますが、独立してそれらが無くなった時に戸惑うことも多いでしょう。その第一歩として自分の身分をどのように呼べばよいのか悩むことがあります。フリーランス、自営業、個人事業主などの言葉の正確な意味を把握しているでしょうか?以下に紹介します。

スポンサーリンク

注目!!
▼▼独立・企業についてはこちら▼▼
独立して起業していくための情報まとめ

注目!!
▼▼サラリーマンのお金・処世術についてはこちら▼▼
サラリーマンとお金・処世術のまとめ!リストラに負けるな!

フリーランスと自営業と個人事業主の違いは?

会社を辞めて個人として事業を営んでいる場合を指す言葉として、フリーランス、自営業、個人事業主という言葉をよく聞きます。これらはどのような意味なのでしょうか?

フリーランスとは、企業等に所属せず、個人として事業を営む形態を言います。日本では「フリー」と呼ぶことも多いです。基本的には請負で仕事をすることになります。

自営業は、フリーランスとほぼ同じ意味です。自営業を営む人を自営業者と呼びます。

個人事業主は、フリーランスの内、法人を設立していない人のことです。個人事業主として働く場合には、まず税務署に「開業届」を提出します。

非常に似ていますが、基本的な意味を理解しておきましょう。

フリーランスになる前に法人化か個人事業主になるか決める

会社を辞めてフリーランスになると決めたら、新たに法人を設立するのか、開業届を提出して個人事業主としてやっていくのか決めます。法人を設立するためには費用がかかること、利益に対する税率の違いから、売上・利益の規模がある程度以下では個人事業主の方が有利になることが知られています。そのため、まず個人事業主として事業を始め、順調に事業が軌道に乗り、売上・利益が増えてきたところで法人化するいわゆる「法人成り」を選ぶ人もいます。

法人を設立することは、信用面ではメリットが大きく、「社長」の肩書が入った名刺を使えることを個人事業主よりも良い対応をしてもらえることが多いでしょう。

自分に合う方を選べば良いでしょう。

スポンサーリンク

フリーランスで個人事業主になる時は年金と保険に注意

サラリーマンならば、通常は厚生年金に加入しています。意識していなくても毎月の給与から天引きされています。また厚生年金の半分は企業が負担しています。ところが退職し、フリーランスになると、国民年金に加入するなどの手続きを自分でしなければなりません(*その他の選択肢については割愛します)。

健康保険は、サラリーマンならばその会社の健康保険に加入していることが多いですが、フリーランスになると国民健康保険に加入することになります。これも自分で手続しなければなりませんので、退職前にやるべきことをリストアップし、一つずつ進めていく必要があります。

まとめ

フリーランスになるための第一歩として、フリーランス、自営業、個人事業主などの言葉の意味から、基本的なことを解説しました。面倒なことも多いですが、着実に進めましょう。

▼▼サラリーマンのお金・処世術についてはこちら▼▼
サラリーマンとお金・処世術のまとめ!リストラに負けるな!

▼▼独立・企業についてはこちら▼▼
独立して起業していくための情報まとめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました