幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

株式投資

ストック型ビジネスの株は魅力的?銘柄と注意点は?

投稿日:2019年1月18日 更新日:

株式市場には多くの企業が上場しており、多種多様なビジネスを展開しています。ビジネスにはそれぞれの特性があり、それに基づく強みと弱点があります。株式投資をするならば知っておきたい「ストック型ビジネス」について解説します。

スポンサーリンク

ストック型ビジネスの株は魅力的?

ビジネスには基本的にはお客さんがいて、企業が提供するサービス・商品などの魅力により、お客さんから選ばれる必要があります。お客さんから選んでもらうために多くの広告宣伝費を使い、商品・サービスの価格を下げます。その努力によって商品がヒットしても、ほとんどの場合は競合他社が模倣して同じようなことをやりますので、常にビジネスで勝ち続けることは難しいです。

スーパーや飲食店、アパレルなどを見ると、絶え間ない競争にさらされていることが分かります。流行や人気が大きく影響する業界ですので、一時的に繁盛しても、流行が過ぎ去れば客足が遠のくという現象が繰り返し起こります。今では世界的な企業となったファーストリテーリングも、大きく飛躍したのはフリースがヒットした時でした。その後、フリースのブームが過ぎ去った時に、業績の成長を維持することにかなり苦労したようです。セブンイレブンを指揮した鈴木敏文氏も、小売業では「変化対応」が重要と説いています。お客さんは気まぐれで、常にお客さんの心を掴むようなお店作り、商品をならべる必要があり、それを怠れば業績はすぐに落ちてしまいます。

このように厳しいビジネスの世界において、お客さんとの関係を着実に積み上げていける「ストック型ビジネス」と呼ばれるタイプのビジネスがあります。「ストック型ビジネス」を展開する企業の代表例がセコムです。家や職場の警備の契約をセコムと交わした場合、契約に基づいて料金を毎月払うことになります。もちろんこの契約は、一定の条件の下に解約することはできるのですが、防犯用のセンサーやカメラなどを設置すると撤去費用等もかかるため、継続して利用することが多いようです。またココセコムなどは、月々の支払額が比較的安いため、使い続ける人が多いようです。そのため、一旦お客さんと契約することができれば、それ以降のかなりの期間は支払いを受け続けることができる可能性が高いです。さらに解約率が低いければ、地道に加入者を増やしていけます。この資産を積み上げて増やしていけるような特性が「ストック型ビジネス」というわけです。

「ストック型ビジネス」は、景気やお客さんの移り気な心の影響を受けにくく、ストックを増やしていければ着実な成長が期待できるビジネスです。

ストック型ビジネスの銘柄

前述のセコムの他にもいろいろな「ストック型ビジネス」を展開する企業があります。ここでは2社だけ例に挙げます。

1.パーク24株式会社

コインパーキングの「タイムズ」を展開する企業です。土地の所有者から土地を借り受けてコインパーキングを設置したり、大型の商業施設の駐車場の運営を請け負うなどしています。土地所有者や施設の所有者と契約すれば、その場所の駐車場を抑えられます。コインパーキングを利用するか否かは立地による要因が大きく、その場所から数百メートル以上離れてしまうと利用者は大きく減ってしまうでしょう。つまり、ある意味陣取り合戦です。また一旦駐車場の契約を勝ち取れれば、駐車場のゲートなどの設備を設置しますので、短期で解約することも少ないでしょう。したがって、駐車場を増やしていければ着実に資産が積み上がる「ストック型ビジネス」と言えるでしょう。

2.エリアリンク株式会社

トランクルーム業界で国内シェアNo.1の企業です。前述のコインパーキングで似ており、土地オーナーと契約してトランクルームを設置します。トランクルームとは、自宅などで収納しきれなくなった荷物をおいておけるスペースで、契約して借りると毎月料金を払うことになります。これらの荷物も処分せずにお金を払っても保管しておきたいわけですので、お客さんも継続して利用してくれることが多いようです。したがって、トランクルームを増やしていけば、地道に資産が積み上がっていく「ストック型ビジネス」と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ストック型ビジネスの株の注意点

株式投資において、「ストック型ビジネス」を展開する企業が投資先として有望か否かは、状況によります。「ストック型ビジネス」といえども、ある商品・サービスを提供しているのであれば、市場規模というものがあり、飽和してしまえばそれ以上業績を伸ばすことが難しくなります。その企業にとって、まだまだ事業を伸ばしていける状況であるのか、そろそろ成長の限界が近いのかによって、株式投資の成否が分かれる可能性があるでしょう。

前述のセコムは、1962年の創業以来、成長を続け、機械警備を普及させてきました。しかし、単純に同じシステム・サービスを提供するだけではなく、ココセコム、高齢者救急対応サービスなど、新しいサービスを積極的に開発する、海外へも展開するなどして現在も売上を伸ばしています。

パーク24については、コインパーキングに加えてカーシェア事業を立ち上げ、売上を伸ばしています。

エリアリンクについては、トランクルーム事業がこれからもっともっと伸びそうです。

以上のように、「ストック型ビジネス」を展開する企業は、まずは主力の事業を伸ばす努力を続け、さらにそれを軸に新たな事業を立ち上げたりするなど、業績の成長が止まってしまわないように努力しています。それらがいつも成功するとは限りませんので、決算書やIR情報などによって事業の状況をよく確認するようにしましょう。

まとめ

「ストック型ビジネス」の特徴と、それを展開する代表的な企業について紹介しました。なお、本記事は株式投資の勧誘を目的としたものではありません。株価は予期せず下落することがありますので、投資は自己責任でお願いします。

長期で保有すると優遇される株主優待については、こちらの記事「株主優待の長期保有優遇制度があるおすすめの銘柄はこれだ!」で紹介しました。

スポンサーリンク

-株式投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株は分散投資と集中投資のどちらが良い?メリットとデメリット

スポンサーリンク インターネットで株の取引ができるようになり、多くの一般の人々が株式投資をするようになりました。勉強熱心な方ならば、いろいろな株式投資の本を読んでいるかもしれません。そうすると株式投 …

好業績で株価が下がるのはなぜ?含み損が増えてるなら危険!

株式投資をするならば、業績を年々伸ばす有望な銘柄に投資するのが基本です。連続増収増益を達成し、一株利益を増やし続ける銘柄を長期で保有することが成功の秘訣と考えている人も多いです。しかし、好業績の決算発 …

株式市場が下落していく兆候に早く気がつけばリスクを回避できる?

株価の動向を正確に予測することは誰にもできません。そんなことができたらそれだけで世界一の大富豪になれます。テロや大規模自然災害などによる株式市場の暴落を予測することはできませんが、株式市場のトレンド分 …

海外投資家が売り越せば下がる日本株というのは本当?

日本の株式市場は、2018年後半から大きく下げました。保有している株が大きな含み損となり、売りたくても売れず、そのまま塩漬けにしている個人投資家も少なくないでしょう。この日本の株価の下落は、海外投資家 …

金持ち父さんは不労所得で経済的自由を手に入れる!資産を買おう!

「金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 ロバート・T.キヨサキ著」は、日本では初版が2000年11月に出版された本です。当時買って、感銘を受け、実際に金持ち父さんに近づくた …