楽天ポイントを貯める方法は?使えるお店が増えている!

ライフ

ポイントカードと言えば、TSUTAYAのTポイントカードやNTTドコモのdポイントカードなどがありますが、もう1つメジャーなものとして楽天ポイントカードがあります。現在、楽天ポイントが貯められたり使えたりするお店が増えているようですので、有効に利用したいですね。以下に紹介します。

スポンサーリンク

注目!!
▼▼サラリーマンのお金・処世術についてはこちら▼▼
サラリーマンとお金・処世術のまとめ!リストラに負けるな!

楽天ポイントを貯める方法は?使えるお店が増えている!

楽天ポイントは、「楽天経済圏(楽天エコシステム)」とも呼ばれる多種多様なサービスで利用できるポイントです。現在、70以上のサービスがあり、会員数は世界でなんと12億人、日本では1億人以上です。この内、2つ以上の楽天経済圏のサービスを利用したことがある会員は69.2%と、非常に高い割合になっています。

実際、楽天ポイントを獲得できる機会は多く、私はこれまでに13万ポイント以上獲得しています。1ポイントは1円相当として利用できますので、13万円以上を獲得したことになります。楽天ポイントを貯めてなければゼロだったわけですので、本当に貯めて良かったです。

楽天ポイントは貯める方法は、以下のようなものがあります。

1.楽天市場、楽天トラベルなどの楽天グループのサービスを利用する。

2.マクドナルド、デイリーストア、ツルハドラッグ、くら寿司、ペッパーランチなどの楽天ポイントカードが使えるお店で提示する。

さらに効率よく楽天ポイントを貯める方法について次項で紹介します。

楽天ポイントを効率よく貯める方法

楽天ポイントを効率よく貯めるためには、前述のような楽天ポイントがもらえるチャンスを逃さないように獲得していくことは基本ですが、それだけではなくちょっとした工夫でポイントが数倍になります。楽天にはSPU(スーパーポイントアッププログラム)というシステムがあり、この条件を満たすと獲得ポイントがなんと最大15倍になります。

楽天市場で楽天ポイント会員がショッピングをすると、ポイントが1%獲得できます。1,000円の購入で10円分のポイントが獲得できるわけです。1%のポイント還元率でも悪くはありませんが、これだけではもったいないです。

まずおすすめなのは、年会費無料の楽天カードを作り、それを使って楽天市場にショッピングする方法です。これだけでポイントが+2%で計3%、つまりポイントが3倍になるわけですので、3倍も効率よくポイントを獲得できるわけです!

さらに楽天銀行に口座を作り、楽天カードの引き落とし口座をこの楽天銀行の口座にすれば、ポイントが+1%となります。つまり、計4%です。

さらに無料の楽天市場アプリをスマホにインストールして、アプリから楽天市場でショッピングすれば+1%となり、計5%です。

その他、楽天プレミアムカード・ゴールドカードの利用、楽天証券でのポイント投資、楽天モバイルでの通話SIMの利用、楽天TVのNBAまたはパ・リーグSpecialの加入・契約更新、楽天ブランドアベニューでのショッピング、楽天ブックス・楽天Koboでの月2,000円以上の購入、楽天トラベルの利用、楽天ビューティでの月1,500円以上の利用などによりSPUがアップして、獲得率が上がります。

また楽天市場でショッピングする際に、ポイント倍率が高い商品を選んだり、スーパーDEALなどのポイント獲得率が高くなるセール・キャンペーンを狙うと一気に大量ポイントの獲得に結びつく可能性があります。

スポンサーリンク

楽天ポイントの使い方は?

楽天ポイントの使い方でもっともおすすめなのは、楽天市場でのショッピングで使う方法です。これならばそれほど大量のポイントが貯められなくても、支払いの一部としてポイントを使うことができます。いろいろなポイントカードなどでよくあるのは、ポイントがあまり貯められなくて、使い難くて無駄にしてしまうことです。楽天市場ならばわずかなポイントでも簡単に使えますので、ショッピング時にどんどんポイントを使って、実際に支払う金額を減らしていきましょう。

また前述のように楽天市場であれば、ポイント獲得率が高いので、楽天市場で購入できるものであれば楽天市場で買ってしまうのが良いでしょう。もちろんこれは楽天グループの戦略にはまっていることになるわけですが、近所の店舗と同じ価格であればポイント分が得ですし、楽天市場の方が安いものも多いので、それならば安くてポイント獲得率が高い方法で買う方が消費者にとってもお得でしょう。

まとめ

楽天ポイントをお得に獲得する方法と使い方について紹介しました。いろいろなポイントがありますが、ポイントはできるだけ特定のものへ集中していった方が効率が高いです。集中するならば、勢力を拡大している楽天ポイントはその最有力候補となるでしょう。

▼▼サラリーマンのお金・処世術についてはこちら▼▼
サラリーマンとお金・処世術のまとめ!リストラに負けるな!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました