開運財布の購入日と使い始める日は?開運日はいつ?

ライフ

金運アップや無病息災、厄除けなどの願いを込めて、開運財布を購入し、使い始める方もいらっしゃるでしょう。これは初詣などで一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願したりすることと同じようなもので、その効果を科学的に立証するなんて議論はナンセンスでしょう。縁起物として考えましょう。

スポンサーリンク

開運財布の購入日と使い始める日は?

結婚式や葬儀の日取りを決める際に六曜、すなわち大安、友引、戦勝、先負、赤口、仏滅を考慮するのが一般的です。この関連性を統計データを取って科学的に証明しようという話は聞いたことがありません。それでも多くの人が「縁起が良い」という日を選び、「縁起が悪い」という日を避けるのが普通に行われていることです。

そもそも開運財布を買って使おうということも「縁起が良い」からそのようにするわけです。それならば、さらに縁起が良くなるように、購入日と使い始める日についても開運日を選びましょう。つまり、開運日に開運財布を注文し、開運日からその開運財布を使い始めるというわけです。そのため開運日がいつなのかを知る必要がありますので、次項で説明します。

開運財布の購入日と使い始める日を決める開運日はいつ?

開運日には、いろいろな考え方や言い伝えによって、多種多様なものがあります。ここでは開運財布の最大手である「財布屋」の解説する開運日について、以下に簡単に紹介します。

開運日には、大安、一粒万倍日、寅の日、巳の日、己巳の日、天赦の日、新月、満月があります。これらにはいずれも意味があるのですが、いずれの日を選んでも縁起が良いことには変わりありません。六曜でもある大安については6日周期でありますので、それ以外の開運日も候補に入れれば、案外たくさんあることが分かります。したがって、購入日と使い始める日を調整することもそれほど難しくないはずです。

上記の開運日の詳しい説明とどの日がどの開運日となるのかについては、財布屋の「開運日と開運カレンダー
」をご覧ください。


スポンサーリンク

開運財布の購入日と使い始める日を決める時期は?

前述の開運日の他に、開運財布を購入する時期・使い始める時期によって、いくつかの言い伝えがあります。

・12月に買う財布・使い始める財布は、「締め財布」と呼ばれています。財布が締まってお金が出て行き難いというものです。詳細は財布屋の解説ページ「締め財布
」をご覧ください。

・1月1日〜5月5日(*諸説あり)に買う財布・使い始める財布は、「春財布」と呼ばれています。「春」が「張る」に通じ、財布がお金でパンパンになるとされています。

これらの時期と前述の開運日を組み合わせて、購入日と使い始める日を決めると良いでしょう。

まとめ

縁起の良い開運財布を購入しようと考えている方は、せっかくならば開運日に購入し、開運日に使い始めると良いでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました