ヒートアイランド現象と対策についてのまとめ!

まとめ

日本の夏は猛暑です。地球温暖化の影響についてはまだ議論されていますが、ヒートアイランド現象については否定する人は見当たらず、平均気温を上昇させる影響があると多くの人々が認めています。したがって、ヒートアイランド現象を抑制することができれば、猛暑の緩和につながると期待されます。ヒートアイランド現象についてまとめました。

スポンサーリンク

ヒートアイランド現象の対策は?原因から理解しましょう!

ヒートアイランド現象とは、各地の温度を地図上で色表示した時に、都市部の温度が周囲よりも高く、海に浮かぶ島のように浮かび上がって見える現象のことを言います。その原因としては、都市部のアスファルトやコンクリートによる舗装と人口建築物が、日光を吸収して高温になることが挙げられます。また多くの人が集まり、人口密度が高いため、エアコンや機器からの排熱が非常に多いことも気温を上昇させる原因となっています。

これらの原因から考えても完全にヒートアイランド現象を防ぐことはできませんが、少しでも緩和するためにいくつかの対策が進められています。それらは「遮熱性のアスファルトの舗装に交換する」「緑地を増やす」「ビルの省エネ化をすすめる」などです。

技術資料によれば、通常の舗装に比べて遮熱性舗装では路面の温度が下がりますので、多くの舗装が遮熱性のものに交換できれば着実にヒートアイランド現象緩和に貢献できるでしょう。しかし、通常のアスファルトの舗装面は膨大に存在し、それらを交換するには長い時間と労力・費用がかかりそうです。

緑地を増やすことも効果があるため、ビルの屋上に緑地を設営するなどの努力が続けられていますし、屋上以外の部分にも緑を増やす努力が進められています。ビルの省エネ化も効果があります。新規着工の物件などでは省エネ化の工夫を盛り込んだものが作られる機会が増えているようです。いずれにしても一気に都市部全体で進められるものではなく、地道に進めていくしかありません。以下の記事で紹介しています。

関連記事:ヒートアイランド現象の対策は?原因から理解しましょう!

ヒートアイランド現象の抑制には遮熱性舗装と遮熱塗料が有効

市街化された都市部のヒートアイランド現象は、アスファルトやコンクリートによる舗装とビルなどの人工建築物が、日光を吸収して高温になることが主要な原因です。これらの温度上昇を抑えられれば、ヒートアイランド現象の抑制に効果がある可能性があります。

真夏に直射日光が当たる日向と何かに日光を遮られてできた日陰の温度を比較すれば大きな差があることからも、日光を遮れば温度上昇を抑えられることは容易に理解できるでしょう。そのために宇宙に太陽光を遮るための傘を設置するようなアイデアも提案されているようですが、技術的な問題、それによるどのような弊害が生じるかを予測することが難しいなどの理由から実現には至っていません。アスファルトやコンクリートでできた道路を屋根で覆えば路面の温度上昇を抑えられることは明らかですが、すべての道路に屋根をつけることは困難ですし、屋根そのものの温度上昇が起こる可能性もあるため、別の方法が研究開発されています。それが遮熱性舗装と遮熱性塗料です。

遮熱性舗装は、熱線である赤外線の反射率の高い舗装で、導入が始まっています。太陽光の内の可視光線も温度を上昇させる効果がありますが、これらを反射させると白色になってしまい、太陽光を反射させた路面が眩しくなってしまい、ドライバーが運転しにくくなってしまいます。したがって、路面が眩しくならないように主に赤外線を反射させるようになっています。通常のアスファルトを遮熱性舗装に交換することで、路面温度が大きく下がりますので、地道に遮熱性舗装に交換していけば着実に効果が出るでしょう。

遮熱性塗装は、建築物の屋根や外壁に塗ることで、赤外線を反射し、温度上昇を抑えます。これらはデザイン的な観点からいろいろな色のものが開発されています。住宅等では、遮熱性塗料を屋根や外壁に塗って、天井裏の温度や室温が大きく下がることが確認されています。もちろん屋根の内側や壁内に適切な断熱材を使用し、規定の断熱性能があることが前提です。以下の記事で紹介しています。

関連記事:ヒートアイランド現象の抑制には遮熱性舗装と遮熱塗料が有効

スポンサーリンク

ヒートアイランド現象の対策で打ち水は効果があるの?

日本では昔から気温を下げるための風習として「打ち水」があります。東京都などでも、猛暑対策として打ち水のイベントがこれまでも何度が行われています。打ち水はヒートアイランド現象の対策として効果があるのでしょうか?

都心のアスファルトなどに打ち水を行った場合、水を撒いた狭いエリアの路面温度が10℃程度下がることはあります(*気温と路面温度、散水量にも依存します)。したがって、温度を下げる効果があることは間違いありません。しかし、直射日光が当たる場所であれば30分程度で元の温度に戻ってしまうことが多いようです。市街地全体に繰り返し打ち水するには大量の水を必要とし、労力とコストがかかりますので、打ち水だけでヒートアイランド現象を解決するのは難しいでしょう。

しかし、局所的であれば打ち水による温度を下げる効果はあるでしょう。ヒートアイランド現象が広い面積のアスファルトとコンクリートが直射日光によって温められることによると考えれば、局所的でも多くの人が参加すれば面積も広がり、少なくともヒートアイランド現象の抑制には貢献できるのではないかと考えられます。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:ヒートアイランド現象の対策で打ち水は効果があるの?

まとめ

日本の夏は、毎年、冷房を使用しなければ命の危険があるほど高温になります。ヒートアイランド現象による温度上昇があることはほぼ間違いなく、ヒートアイランド現象を抑制する対策が必要となっています。地道にやれることから実行に移すべきでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました