幸せな人生

人生は山あり谷あり、楽しいこともあれば辛いこともあります。幸せな人生を送るためのノウハウ、独り言などを書いていきます。幸せな人生を送りたい方のヒントになれば幸いです。

お金

リストラが当たり前の時代!行動から始めて将来に備えましょう!

投稿日:2017年2月19日 更新日:

東芝の経営危機に関する報道が毎日のように伝えられています。私も東芝に数人の知り合いがいますので、他人事のようには思えません。

私自身、転職のために転職エージェントに登録し、求人情報を受け取っていますが、年齢が高くなるほど条件の良い求人はほとんど見当たらず、如何に今の日本の社会で転職を成功させることが難しいか身に沁みて分かります。

東芝のような大企業で、定年まで勤め上げるつもりで人生設計し、長期の住宅ローンを組み、子供にかなりの学費をかけていたりすれば、ますます転職は難しくなるでしょう。

今、そしてこれからの日本社会ではどのように行きていけば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

人生100年時代 できるだけ早く将来に備えるべき

ベストセラー「【送料無料】 LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略 / リンダ・グラットン 【本】」などでも語られているように、平均寿命が伸びてきた現代では、仮に定年まで勤め上げられたと言っても、その後は年金で悠々自適というわけには行きません。社会の変化が激しくなり、大企業でリストラされる人も増えるでしょう。

誰でも新卒で入った会社からリストラされるリスクが大きいわけです。実際にリストラされる状況になった時に自信を持って対処できる人がどれだけいるのでしょうか?

また老後破産に陥る人も増えると言われています。長年の日本社会の状況から、定年まで働けば後は悠々自適と勘違いしているがたくさんいて、老後の備えができていない人が少なくないからです。

もちろん、定年になってから、今の資産だけでは心細いと気がついて、慌てて株式投資などを始める人もいます。そして残念なことに経験が浅いことに手を出し、大金を投じて、虎の子のお金を失ってしまうケースもあるようです。

やはり、できるだけ早く将来に備えるための取り組みを始めるべきでしょう。年齢が若いほど失敗しても挽回するチャンスがあります。「もっと思い切って挑戦すればよかった」と死ぬ時になって後悔したくはありません。

早く生涯賃金分の3億円を稼ぐことを考える

一つの考え方として、「3億円を早く稼ぐこと、あるいは年収1000万円を長期にわたって受け取り続けられるような資産(仕組み)を作ること」を目指せば良いのでしょう。

これは大卒のサラリーマンの定年までの生涯収入が3億2千万円(退職金を含む)と言われることから見積もったものです。すでに就職して働いたことがある人は、これまでに給料を貰うことができた分はここから差し引いて良いでしょう。

株式投資にしても、若いうちから始め、経験を積めば、中高年になる頃には年間200万円以上運用収益を上げることはそれほど難しくないでしょう。それは早く始めれば小さな資金を時間をかけて大きく育てることができ、経験を積んでスキルアップできるからです。

それは60歳以降も稼ぎ続けることを可能にしますので、60歳の時点で持っていなければいけない資産額を少なくすることにつながります。

株式投資が想定以上に成功すれば、60歳よりもかなり前に3億円を稼ぎきり、さらには毎年数百万円から1000万円以上の収入を得る仕組みの両方を達成してしまう可能性もあります。マネー誌を見ればそのような成功者が相当数いることがわかります。
1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術【電子書籍】[ DUKE。 ]

株式投資以外には不動産投資という方法もあります。まずは勉強ですね。
100万円の投資で2億円の資産をつくる!シノケンのアパート経営

さらにこれを加速させるためには副業による収入を増やすことです。最初は月に1万円を目指して始めれば、年間の目標額は12万円です。これがコンスタントに入るようであればかなり助かります。これが達成できればさらに収入を増やすことを考えましょう。最初の足がかりがつかめれば、案外増やすことは簡単な場合があります。

運用収入と副業収入がある程度になれば、もはや怖いもの無しですね。


スポンサーリンク

行動することから始めよう

何をするにしても考えているだけでは何も始まりません。もちろん考えもしないのはそれ以前の問題ですが・・・。

まずは行動することから始めましょう。一歩踏み出してみれば、失敗することもあり、成功することもあります。その経験により、今まで見えていなかったものが見えてくるようになります。

取り返しのつかいないような失敗を避けるような慎重さと努力があれば、失敗も貴重な経験となって活きてきます。例えば今から10年間何かに取り組めば、それ相応のレベルになるでしょう。

30歳から始めれば40歳の頃には経験年数10年のレベルです。それが若い頃にチャレンジせずに、60歳を過ぎてからでは体力・時間もかなり余裕がなくなってしまうはずです。早くから取り組むことが絶対に有利なんです。

まとめ

行動し、経験・努力を積めば、誰でもレベルアップします。人生100年時代を乗り切るために頑張りましょう!

スポンサーリンク

-お金
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日経平均株価は景気の指標になるのか?

平日のNHKのニュースの中の経済関連のニュースでは、(株式市場が開いていれば)必ず日経平均株価が報道されます。特に日経平均株価が暴落すると大きなニュースになります。今年も英国のEU離脱の際などに日経平 …

no image

事例に学ぶサラリーマンが億万長者になる方法

ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん改訂版 [ ロバート・T.キヨサキ ]」で述べられている主張からも、一般のサラリーマンとして働き、給料収入だけに頼っていては、億万長者になることは難しいようです。誰 …

no image

桐谷さんみたいに株主優待を活用しよう!

元プロ棋士の桐谷広人さんがテレビで株主優待を使うところが放送されることが多いこともあり、すっかり株主優待が多くの人に知られるようになりました。20年ぐらい前に比べると、個人投資家もかなり増えたようで、 …

no image

平均給与が高いメーカー、キーエンス

私は理系の大学院を修了した理系人間です。それ故、よく言われる理系と文系の比較論には結構反応してしまいます。 日本の大企業のトップが文系出身が多いため、「理系よりも文系の方が出世する・給与が高い」という …

no image

SFPダイニングの株主優待で「鳥良」二子多摩川店に行きました

以前、このブログの記事「桐谷さんみたいに株主優待を活用しよう!」で株主優待の活用について紹介しました。 昨日、SFPダイニングの株主優待を使い、系列店「鳥良」の二子玉川店で食事をしてきました。このお店 …